コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レト・ロマン語 レトロマンご

百科事典マイペディアの解説

レト・ロマン語【レトロマンご】

インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属するロマンス語の下位グループ。Rheto-Romance。古代のラエティア(ほぼ現スイス)のロマンス語。周辺をゲルマン語(ゲルマン語派)に侵されてスイスのグリソン(グラウビュンデン)州に残る。
→関連項目エンガディーン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レト・ロマン語
れとろまんご

ロマンス諸語の一分派で、スイス・アルプスからイタリア北東部にかけて用いられる言語。スイスではロマンシュ語ともよび、言語人口は5万人弱だが、1928年以来国語の一つとして認められている。北イタリアのフリウリ地方とドロミティ渓谷では、約50万人の話者をもつ。アルプスの先住民族レトの言語がラテン語化され形成されたとされる古い特徴を保つ言語だが、ドイツ語、イタリア語の影響が大きく、現在復興運動が盛んである。[富盛伸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レト・ロマン語の関連キーワードコルティーナ・ダンペッツォリヒテンシュタイン(国)フォアアールベルクスイス史(年表)サン・モリッツレト・ロマン語スイスの要覧エンガディンスペイン語ラディン語スイス文学

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android