コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンジャク(連雀) レンジャク waxwing

翻訳|waxwing

1件 の用語解説(レンジャク(連雀)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レンジャク【レンジャク(連雀) waxwing】

スズメ目レンジャク科レンジャク亜科の鳥の総称。この科の鳥は全長15~20cm,羽毛が絹状で柔らかく,冠毛をもっている。くちばしは扁平で短く,脚も短く,全体にずんぐりした体つきをしている。次列風切羽の先端には,水滴の形をした赤い蠟状物質があり,これが英名の由来になっている。森林の樹上に群れをつくって生活し,漿果(しようか)や小さな果実を主食としている。繁殖期には,針葉樹林落葉樹針葉樹の混交林にすみ,樹上にわん形の巣をかけ,4~6個の卵を産む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レンジャク(連雀)の関連キーワードレンジャー連雀燕雀燕雀類黄連雀染着緋連雀連着の鞦連着六著心

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone