コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーベデフ レーベデフ Lebedev, Pëtr Nikolaevich

2件 の用語解説(レーベデフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーベデフ
レーベデフ
Lebedev, Pëtr Nikolaevich

[生]1866.3.8. モスクワ
[没]1912.3.14. モスクワ
ロシア物理学者シュトラスブルクで A.クントに師事。 1891年学位取得。モスクワ大学教授 (1900) 。 1899年に,J.マクスウェルの予言した放射圧 (光圧) の実測に成功した。また,地磁気の起源を探究したことでも知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

レーベデフ【Pyotr Nikolaevich Lebedev】

1866‐1912
ロシアの物理学者。モスクワの生れ。シュトラスブルク大学でA.クントの下に物理学を学んだ。1891年にモスクワにもどり,1900年に学位取得後モスクワ大学で物理学の教授となった。光の圧力(光圧)の存在を主張し,その仮説にもとづいてすい星の尾の方向についても独自の説を提唱,1898年ころから光圧測定の実験を開始し,最初に固体上での測定に成功,J.C.マクスウェルによる光の電磁波説に一致する結果を得た。1911年に起こった教育大臣による大学の自治不法侵害の際には,抗議の意味からみずから大学を去った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レーベデフの関連キーワードモスクワ大学ロシア遠征バビロフГжельПодольскモスクワ5000モスクワ・ソロイスツモスクワの思い出モスクワ・シティー・バレエ団モスクワ・ロシア

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone