コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイズ Lloyd's

翻訳|Lloyd's

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロイズ
Lloyd's

イギリスの個人保険業者の集団で,英国保険市場において約3分の1の営業量 (保険料収入による) をもっている。 17世紀中頃ロンドンに開かれた E.ロイドのコーヒー店に起源を発し,当時海運貿易業者,個人保険業者がこのコーヒー店をたまり場として情報交換,取引などを行なっていたことから海上保険取引の一つの中心として栄え,ここに集る海上保険引受人をロイズの保険引受人と呼ぶようになった。その後独立してロイズ社団となり,1871年ロイズ保険組合 The Corporation of Lloyd'sとして法人となった。しかし保険の引受けは引受会員 under writing memberと呼ばれる個々の会員の勘定と危険負担において業務は営まれるもので,保険組合自体は法人格はもつものの保険を引受けるものではなく,単にこれらメンバーに取引を行う建物を提供し,海事に関する情報資料の収集,配付を業とするにすぎない。保険を引受けるメンバーはいくつかのシンジケートを結成し,各シンジケートごとに引受代理人を任命して保険引受業務を行わせている。今日のロイズ保険組合はイギリス保険市場だけでなく,世界保険市場における中心的存在になっており,その引受ける保険の種類も海上保険だけでなく,火災保険から新種保険の分野にいたるまで広範に及んでいる。アメリカにも Lloyd'sを称する保険団体があるが,一般に Lloyd'sといえばロンドンのロイズをさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ロイズ

ロンドンの金融街シティーにある市場で、世界の保険会社が事故や災害の保険などを取引する。保険会社は、自社が引き受けた保険のリスクを減らすため、市場で仲介人を通して他者に一部や全部を引き受けてもらい、「保険の保険」をかけている。阪神大震災などでも、保険金を支払った。

(2015-03-21 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロイズ(Lloyd's)

英国のロンドンの個人保険業者の集団。17世紀末、海上保険引受人たちのたまり場であったコーヒー店の名に由来する。世界の損害保険の中心市場となっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ロイズ

ロンドンの個人の保険引受業者(シンジケート)の集団。他に類例のない独特の保険機構であるが,世界損害保険市場の中心となっている。17世紀末ごろロイドE.Lloyd経営のコーヒー店をたまり場として海上保険引受を行っていた個人業者の集りから発達,1871年に法人となった。
→関連項目アンダーライター再保険ロイズ船級協会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロイズ【Lloyd’s】

ロンドンの個人の保険引受人の集団。17世紀末からの歴史をもつ。イギリス保険市場の起源をなし,現在においては,イギリスだけでなく,世界保険市場における強力な保険引受集団となっている。
[沿革]
 17世紀ころの海上保険は,金融業者や貿易業者等の商人の副業として営まれていた。また,当時の航海はきわめて危険の多い冒険であり,また通信手段も未発達であったから,船舶運航の情報の入手は容易なことではなかった。当時ロンドンのタワー街にあったロイドEdward Lloyd(1648ころ‐1713)の経営するコーヒー店は,海運業者や海上保険引受人のたまり場となっていたが,店主のロイドは客の便宜のため,海運に関するニュースを集めたり,船舶の売買や積荷取引の周旋を行ったので,その店は大いに栄えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ロイズ【Lloyd's】

ロンドンにある保険引受人の団体。グループ化してシンジケートを形成し、世界の損害保険市場の中心となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロイズ
ろいず
Lloyd's

イギリス独特の保険機構で、世界保険市場におけるもっとも強力な個人保険業者の集団。17世紀末ごろロンドンのエドワード・ロイドEdward Lloyd(1648―1713)経営のコーヒー店には船主、荷主、海上保険者など海事関係者が集まり、そこで海上保険取引が盛んに行われていたが、1713年にロイドが死亡してのち、そこに出入りしていた個人保険業者たちがつくったグループがロイズである。1769年にコーヒー店から独立した新ロイズが結成され、現代のロイズの始まりとなった。新ロイズは1871年にコーポレーション・オブ・ロイズCorporation of Lloyd,sという法人に組織を改めた。その後海上保険以外の保険分野にも活動領域を広げ、今日では世界保険市場の中心となっている。
 保険引受けはロイズの会員たる個人保険業者が行い、ロイズ法人自身は契約引受けには関係しない。法人は会員に取引を行う場所を提供するほか、損害査定や情報の収集・伝達などのサービスを提供し、会員の利益に奉仕している。会員たる個人保険業者は大小いくつかのシンジケートを結成し、各シンジケートごとに保険引受代理人underwriting agentを置き、保険業務全般を彼に委託し、自分自身は単に保険証券に名を連ねるネームnameとしての地位にたつ。保険引受代理人の引受業務は、直接顧客と交渉して行われるのではなく、ロイズに出入りする資格をもつロイズ・ブローカーがもたらす契約を引き受ける。しかし、保険引受代理人は保険契約の当事者として保険証券に署名するのではなく、それはあくまでネームとしての個人保険業者が行う。そして、個人保険業者は、シンジケートの構成メンバーとして、それに結合しているとはいえ、自分自身の引受分に対して無限責任を負うだけで、他のメンバーと連帯して自分以外の引受分の責任を負うことはない。これが、いわゆる個人責任の原則であり、ロイズ創成期より今日に至るまで伝統的に守られてきたもっとも重要な原則、すなわち独立責任制と無限責任制である。[金子卓治]
『木村栄一著『ロイズ・オブ・ロンドン――知られざる世界最大の保険市場』(1985・日本経済新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のロイズの言及

【海上保険】より

…その後海上保険はエリザベス1世の手によってイギリス人の経営に移され,やがてイギリスの海外発展とともにその海上保険も著しい発展をとげ,現在もロンドンは世界の海上保険の中心地となっている。ロンドンでは,会社組織の保険とともにロイズ組合の保険業者の保険が行われている。ロイズLloyd’sは強大な組織をもち,あらゆる種類の保険を引き受けているが,その発端は17世紀の後半ころエドワード・ロイドが経営していたコーヒーハウスであった。…

【喫茶店】より

…パリでもロンドンでも,初期の新聞は喫茶店でだれかが読みあげるのを〈聞く〉ものであったし,南海泡沫事件(1720)に至る異常な株式ブームの舞台もコーヒー・ハウスであった。世界の海運情報を独占し,大英帝国を支えたロイズ海上保険会社もコーヒー・ハウスから出発した。喫茶店はまた,反体制派のたまり場となることが多かったので,17,18世紀にはイギリスでもフランスでも,営業時間や内部での談論内容の規制が試みられた。…

【保険】より

…17世紀後半,テムズ河畔に開かれたロイドEdward Lloydのコーヒー店には,多くの船主,荷主,海上保険者等,海事関係者が情報を求めて集まるようになり,しだいに海上保険取引が盛んに行われるようになった。このコーヒー店に出入りして個人責任で保険引受けを行っていた人々が,その後保険引受けグループを形成するようになり,1688年ころロイズが発足した。
[火災保険]
1666年のロンドン大火を契機に,医師であり建築業者であったバーボンNicholas Barbon(1640ころ‐98)がファイア・オフィスFire Officeを設立して火災保険の営業を始めた。…

※「ロイズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ロイズの関連キーワードチーホノフ(Nikolay Semyonovich Tihonov)ストーン(John Richard Nicholas Stone)ロジャーズ(Richard Rogers、建築家)ヴェーラ・カジミローヴナ ケトリンスカヤシティ(City of London)グリフォン・ブリュッセロイズ[種]ピアノ(Renzo Piano)サッポロ ショコラブルワリーWANNA BEEEE!!!涙のように好きと言えたらロイズ・オブ・ロンドンリチャード ロジャーズWORLD QUESTミハイル ゲラーシモフロイズアイスデザートアングラドヘロイズモアングラドエロイズモ走れ!Bicycleポコポンペコーリャ世界金融危機と英国

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロイズの関連情報