コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロエスレル ロエスレルRoesler, Karl Friedrich Hermann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロエスレル
Roesler, Karl Friedrich Hermann

[生]1834.12.18. ラウノ
[没]1894.12.2. ボーツェン近郊コンピル
ドイツの公法学者。御雇外国人。ロストク大学教授。 1878年 11月,来日外務省および太政官の法律顧問として活躍。 93年離日。この間政府関係者とりわけ井上毅の法律顧問として諸種の法律草案作成に重要な役割を果した。特に大日本帝国憲法の草案作成に際しては伊藤博文,井上らにプロシア型立憲君主制の原理を導入するよう進言した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ロエスレル

レースラー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ロエスレル Roesler, Karl Friedrich Hermann

レースラー

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ロエスレル【Karl Friedrich Hermann Roesler】

1834~1894) ドイツの法学者・経済学者。1878年(明治11)外務省法律顧問として来日、のち内閣顧問。明治憲法起草のほか商法制定に尽力した。93年帰国。レースラー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロエスレル
ろえすれる
Karl Friedrich Hermann Rsler
(1834―1894)

ドイツの法学者、経済学者。レースラーともよばれる。12月18日バイエルンに法律家の子として生まれる。主としてエルランゲン大学で法学を学び、1861年ロストック大学の国家学教授となる。1878年(明治11)明治政府の招きで来日し、政府顧問として1893年まで法典編纂(ほうてんへんさん)に大きな貢献をした。とくに1881年より井上毅(いのうえこわし)と討論を重ね、伊藤博文(いとうひろぶみ)の渡欧以前にプロイセン憲法に範を求める憲法の制定を政府に決断させるのに多大な影響を与えた。1886年「日本帝国憲法草案」を提出したが、内容、構成、条文の形態においてその草案は大日本帝国憲法に採用されている。ロエスレルは天皇の神聖を規定した第1条には反対したが、これは受け入れられなかった。そのほか、行政裁判制度、民法、商法の制定にも貢献した。彼の起草した商法典の一部が施行されたのを機に1893年帰国したが、翌1894年12月2日オーストリアで没した。[佐藤篤士]
『鈴木安蔵著『憲法制定とロエスレル』(1942・東洋経済新報社) ▽J・ジーメス著、本間英世訳『日本国家の近代化とロエスラー』(1970・未来社) ▽梅溪昇著『お雇外国人11 政治・法制』(1971・鹿島出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ロエスレル

生年月日:1834年12月18日
ドイツの法学者,経済学者
1894年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ロエスレルの関連キーワードRoeslerK.ジョードン鈴木安蔵生年月日破産法旧商法モッセ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android