コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロスビー ロスビーRossby, Carl-Gustaf Arvid

5件 の用語解説(ロスビーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロスビー
ロスビー
Rossby, Carl-Gustaf Arvid

[生]1898.12.28. ストックホルム
[没]1957.8.19. ストックホルム
スウェーデン生まれのアメリカ合衆国の気象学者,海洋学者。近代気象学の父と呼ばれる。ストックホルムで学んだのち 1926年アメリカへ渡り,アメリカ気象局研究員を経て 1928年マサチューセッツ工科大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ロスビー

米国の気象学者,海洋学者。スウェーデン出身。1926年渡米。1932年―1941年マサチューセッツ工科大学教授,米国気象局副局長,ウッズホール海洋研究所所員。1941年シカゴ大学教授。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロスビー【Carl‐Gustaf Arvid Rossby】

1898‐1957
アメリカの気象学者,海洋学者。建築技師を父とし,ストックホルムで生まれる。ストックホルム大学を卒業後,V.F.K.ビヤークネスに招かれ,1919年,ベルゲン地球物理学研究所に入り,極前線論の研究を始める。26年アメリカに渡り,気象局に勤め,28年にはマサチューセッツ工科大学の気象学の助教授となる。39年にはアメリカに帰化し,気象局の副局長となり,研究と教育部門を担当。41年にはシカゴ大学の気象学主任となり,各国の気象学者を集め,ジェット気流偏西風波動などを多面的にグループで研究し,いわゆるシカゴ学派リーダーとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ロスビー【Carl-Gustaf Arvid Rossby】

1898~1957) アメリカの気象学者・海洋物理学者。スウェーデン生まれ。地球をとりまく渦波動(ロスビー波)の発見、偏西風・ジェット気流の研究などで業績をあげ、また多くのすぐれた研究者を育成した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロスビー
ろすびー
Carl-Gustaf Arvid Rossby
(1898―1957)

スウェーデン生まれのアメリカの気象学者、海洋学者。ストックホルムに生まれる。ストックホルムで大学を卒業し、V・ビャークネスに招かれてノルウェー、ベルゲンの地球物理研究所に学んだ。1926年アメリカに渡って気象局に勤め、のちマサチューセッツ工科大学の準教授となり、1939年にはアメリカに帰化して気象局の副局長となり、研究部門を担当した。1941年からシカゴ大学気象学主任教授、シカゴ学派のリーダーとして気象力学上に多くの業績を残した。晩年はストックホルム大学教授も兼ね、ストックホルムに国際的な気象研究所を設立、気象学雑誌『テラス』を創刊した。
 業績としては、気団解析に用いられるロスビー図の考案、絶対渦度保存の法則、長波の発見とその機構の研究、偏西風の研究、ジェット気流の研究など有名なものが多い。教育や研究組織の整備にも大きな影響を残し、近代気象学の父とよばれている。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロスビーの関連キーワード社会小説火成角礫岩LO写生文タイム東亜同文会博文館憲政党女義太夫片町線

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロスビーの関連情報