コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロックヒル ロックヒル Rockhill, William Woodville

4件 の用語解説(ロックヒルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロックヒル
ロックヒル
Rockhill, William Woodville

[生]1854.4.1. フィラデルフィア
[没]1914.12.8. ホノルル
アメリカの東洋学者,外交官。フランス陸軍勤務後,アメリカ外交官となり,北京,朝鮮に勤務 (1884~87) 。 1888~89,91年の2回チベットを調査旅行。帰国後国務省に入り,国務次官となった (96~97) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロックヒル
ロックヒル
Rock Hill

アメリカ合衆国,サウスカロライナ州北部の都市。ノースカロライナ州境付近にあり,1851年にシャーロット・サウスカロライナ鉄道の出張所として発足。南北戦争中は南軍の人員および物資の輸送中継地になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ロックヒル【William Woodville Rockhill】

1854‐1914
フィラデルフィア生れのアメリカ外交官,東洋学者。1884年(光緒10)北京に着任,87,91年にチベット入国を試み,その日記を公刊した(1895)。チベット史を《The life of Buddha》のなかにまとめ,清朝とダライ・ラマ政権の関係を述べた優れた論文を《通報》(1910)に載せたほか,漢文史料による《衛蔵図識》の訳注(1891)を示してチベット学に大きな貢献をした。【山口 瑞鳳】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロックヒル
ろっくひる
William Woodville Rockhill
(1854―1914)

アメリカの外交官、東洋学者。駐北京(ペキン)、ソウル公使館勤務(1884~87)を皮切りに、駐ギリシア、ルーマニア、セルビア公使、アメリカ諸国国際事務局長、駐中国公使、駐ロシア、トルコ大使などを歴任。この間中国、モンゴル、チベットの学術探検(1888~89、1891~92)を行い、またヘイの要請で門戸開放通牒(つうちょう)を起草(1899)、義和団事件では特使として北京に赴き問題解決に努めた。[高橋 章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロックヒルの関連キーワードフィラデルフィア管弦楽団費府フィラデルフィアサウンドフィラデルフィア宣言クラフトフィラデルフィアクリーミィソフトクラフトフィラデルフィアクリームチーズクラフトフィラデルフィアクリームチーズ6Pフィラデルフィア物語フィラデルフィアの市庁舎フィラデルフィア制

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロックヒルの関連情報