コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロホナー

百科事典マイペディアの解説

ロホナー

ドイツ,ケルン派の代表的画家ケルン派特有の優雅で装飾的な手法に写実を加えた作風で,フレマールの画家ランブール兄弟の作品と通じる点が多い。代表作ケルン大聖堂の《マギの礼拝》(1442年ころ)や《薔薇垣の聖母》(1448年ころ,ケルン,バルラフ・リヒャルツ美術館蔵)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロホナー【Stephan Lochner】

1410ころ‐51
ドイツの後期ゴシックの画家。ボーデン湖畔のメールスブルクの生れと考えられる。1430年ころケルンに移り,いわゆるケルン派の代表的な画家となる。ケルン派の最高傑作とされる《三王礼拝図》を中央パネルにもつ三連祭壇画(1440ころ,ケルン大聖堂)は,厳格で荘重な左右相称の構図を示すが,細部においてはネーデルラント絵画の影響を思わせる自然主義的な描写が目だつ。《バラ園の聖母》(1448ころ)も,写実的な細部描写と,国際ゴシック様式の優美な装飾性を示し,《キリストの神殿における奉献》(1447)とともに彼の代表作に数えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロホナー
ろほなー
Stefan Lochner
(1400ころ―1451)

ドイツの画家。ボーデン湖畔メーアスブルクに生まれたと推定される。1430年以来ケルンに住み、ここで市参事会員として生涯を終えた。彼は繊細優美なケルン画派を代表する画家で、この画派で名前の伝わっている唯一の存在でもある。彼の表現分野は広く、細密画『ダルムシュタットの祈祷書(きとうしょ)』からケルンのドームを飾る大祭壇画に及んでいる。もともとケルン画派の技法はフランドル絵画に影響されてモダンであるが、同時に「つぼみのように初々しい」と形容される聖母の顔に象徴されるように、敬虔(けいけん)な宗教感情の表出に特色がある。彼の場合もフランドルの影響による生彩ある表情や精密なディテール描写もさることながら、名作『バラの籬(まがき)のマドンナ』(ケルン、ワルラフ‐リヒャルツ美術館)にみるように、魂の深い安らぎをたたえた聖母や天使像に神秘主義的ともいえる宗教感情が表現されている。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のロホナーの言及

【ケルン派】より

…《聖布をもつ聖女ベロニカ》にちなんで命名されたこの画家の現存作品は多くはないが,流れるような優美な曲線を生かしたその作風は,当時のいわゆる国際ゴシック様式のドイツ版ともいうべき〈ソフト・スタイルweicher Stil〉を代表し,またそこに漂う温かい人間味と敬虔(けいけん)な宗教性も,ケルン派の特色をよく示している。彼のあとを受けたロホナーはボーデン湖畔の出身であるが,おそらく1430年ころケルンに定住し,ケルン派の代表的画家となった。ネーデルラント旅行の途上デューラーが称賛した《三博士の参拝》(ケルン大聖堂)や《最後の審判》,47年の年記のある《キリストの神殿における奉献》など,多数の人物を配した祭壇画で知られるが,いずれもバックには金地を用いており,同時代イタリアのマサッチョなどに比して,遠近法的な空間表現や人物表現などの点において,ゴシック的装飾性とプリミティブな要素を多分に残している。…

【ゴシック美術】より

…イギリス王リチャード2世の小祭壇画や,フランス王ジャン(善良公)の肖像画が,当時の宮廷画家の画風をよく伝えている。ドイツの板絵は各地方に多様な発達をし,プラハ,ウィーンはイタリアの影響をうけ,国際ゴシック様式の系統をとり,ケルン派は14世紀に甘美な画風をもってあらわれ,15世紀にロホナーのような大画家を生む。ハンザ同盟諸市は民衆的な率直な画風をむかえ,14世紀から15世紀初めにハンブルクでマイスター・ベルトラムMeister Bertram von Minden(1340ころ‐1415ころ)が名高く,同じころコンラート・フォン・ゾーストKonrad von Soest(1370ころ‐1425ころ)はケルン派の様式をまじえ,マイスター・フランケは国際ゴシック様式に近づいている。…

※「ロホナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロホナーの関連キーワードランブール[兄弟]教育学

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android