コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローディの和 ローディのわ

世界大百科事典 第2版の解説

ローディのわ【ローディの和】

1454年,イタリア諸国家の間に,ミラノ南東35kmのローディLodiで結ばれた和平。15世紀中ごろベネチアは長くつづいてきたフィレンツェとの同盟を捨ててナポリ王国アルフォンソ王と結ぼうとしたため,脅威を感じたミラノ公国とフィレンツェとが提携した。はてしのないイタリア諸国家の抗争は,1453年,トルコによるコンスタンティノープル陥落のニュース到着によって反省がもたらされ,教皇ニコラウス5世の主唱により,イタリア諸国は,さしせまるトルコの脅威の下で,小異を捨てて大同に就くべきことが説かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローディの和
ろーでぃのわ

1454年4月、ミラノのスフォルツァ家とベネチアとがイタリア北部のローディLodiで結んだ和約。同家が受け継いだばかりのミラノ公国支配権の承認を得るかわりに、ベネチアへの領土返還を取り決めたもの。その後、この両者にフィレンツェを、またさらにナポリと教皇を加えた各勢力間の相互不可侵条約に発展し、弱小勢力を含むイタリア五大勢力の、現状凍結による勢力均衡策が図られた。ちょうどビザンティン帝国の首都コンスタンティノープルが、オスマン帝国によって占領(1453)された翌年でもあり、キリスト教世界の危機感を反映して、条約は「もっとも神聖な同盟」と宣言された。これによる平和状態が、1494年のフランス軍侵入までの半世紀間とはいえ、イタリア人の間に統一的国家感情を醸成し、ルネサンス文化の隆盛を保障した。[佐藤眞典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のローディの和の言及

【イタリア】より

…ミラノのビスコンティ家,ベロナのスカラ家がその先頭に立ち,ベネチアを除くほとんどすべての都市に拡大し,激しい抗争を展開した。15世紀にはミラノ,ベネチア,フィレンツェ,教皇領,ナポリの五大勢力がイタリアの政治を左右するようになり,ローディの和(1454)以降,政局は一応安定した。この時期にルネサンス文化が発達した。…

※「ローディの和」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ローディの和の関連キーワード金春禅鳳撮壌集足利成氏エセン古河公方金春禅鳳ベスプッチポリツィアーノ享徳ベスプッチ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone