コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロード・エーブリー ロードエーブリー

百科事典マイペディアの解説

ロード・エーブリー

英国の銀行家,政治家,著述家。本名ジョン・ラボックJohn Lubbock。1900年貴族に列せられエーブリー卿と名乗った。若くして父の銀行に入って活躍し,1970年代には自由党代議士となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ロード・エーブリー
Lord Avebury


1834 - 1913
英国の銀行家,政治家,科学者,著述家。
元・ロンドン大学副学長。
ロンドン生まれ。
本名John〉 ジョン〈Lubbock ラボック。
幼少の頃から自然史に興味をもち、父の友人ダーウィンの影響でイートン校に進んだが、父の病気で退学、1849年15歳で父の銀行に入り才能を発揮し、1870、1874年には自由党の下院議員、1872〜80年ロンドン大学副学長になるなど多くの要職に就く。また、自然科学をはじめさまざまな問題について多数の著作を出し、考古学に関する「先史時代」(1865年)では石器時代を旧石器時代新石器時代に二分し、現在の考古学的時代区分に一歩近寄せたことで著名である。銀行休業日法(1871年)、記念物保存法(1882年)などを推進。1900年貴族に列せられてエーブリー卿を称する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ロード・エーブリーの関連キーワード三時代区分法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android