コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロード・ジム Lord Jim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロード・ジム
Lord Jim

イギリスの小説家 J.コンラッドの小説。 1900年『ブラックウッズ・マガジン』に掲載。船客を見捨てて難破船を離れたジムは,ジャングルに入って贖罪に努めるが,不幸な行きがかりでマラヤの首長に殺される。著者の海洋小説の代表作

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロード・ジム
ろーどじむ
Lord Jim

イギリスの作家コンラッドの長編小説。1900年刊。パトナ号の一等航海士ジムは、ある夜インド洋上で船が衝突したとき、日ごろの信条に反し、船も船客も見捨てて思わずボートに飛び移ってしまう。この不名誉な行為は深い悔恨の種となり、以後彼は人々の前から姿を消し、マライへ行って原地民のために献身する。そのかいあって「ロード・ジム」と尊敬されるまでになるが、たまたまやってきた性悪な白人に裏切られ、原地民の長(おさ)のひとり息子を死なせてしまう。ジムはこの償いをすべく、悲しみと怒りでピストルを構える父親の前に進んで胸を出し、撃たれる。人間の内に潜む「破壊的要素」、ロマンチックでありすぎることの罪、裏切りと償い、などを深く掘り下げたコンラッド代表作の一つ。[高見幸郎]
『蕗沢忠枝訳『ロード・ジム』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ロード・ジムの関連キーワードピーター オトゥール斉藤 達雄伊丹 十三斎藤 達雄冒険小説伊丹十三