コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローランス ローランス Laurens, Henri

5件 の用語解説(ローランスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローランス
ローランス
Laurens, Henri

[生]1885.2.18. パリ
[没]1954.5.5. パリ
フランスの彫刻家。初めインテリアデザインの仕事に従事し,のち美術に転じた。キュビスムに興味を示し,ピカソブラックたちと交わり,キュビスムの彫刻を発展させた。「セクシオン・ドール」に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ローランス
ローランス
Laurens, Jean-Paul

[生]1838.3.30. フーケボー
[没]1921.3.23. パリ
フランスの画家。ツールーズ美術学校で学んだのち,パリに出て,A.カバネルに師事。中世の史実に取材した宗教画,歴史画を描いた。 1891年アカデミー会員。アカデミー・ジュリアンの教授として,日本の中村不折鹿子木孟郎 (かのこぎたけしろう) の師でもあり,晩年はツールーズ美術館館長などの要職にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ローランス

フランスの彫刻家。パリ生れ。1911年ブラックと知り合う。最初はパピエ・コレコラージュを立体化した幾何学的構成を試みたが,のち柔軟なフォルムのうちに力強い構成をひそめた女性像を多く制作。

ローランス

フランスの画家。オートガロンヌ県のフルクボー生れ。19世紀後半のアカデミックな歴史画を代表する画家で,パリ市庁舎サロン・ロボー〉の壁画装飾(1889年―1900年)やパリのパンテオンの壁画《聖ジュヌビエーブの死》(1882年)等大作が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ローランス【Jean Paul Laurens】

1838‐1921
フランスの画家。オート・ガロンヌ県のフルクボーFourquevaux生れ。アカデミズムの代表的な画家として,多くの歴史画を残すとともに,アカデミー・ジュリアンで30年にわたって絵画を教え,日本人(中村不折,鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう)など)を含む多くの弟子を養成した。主要作品は,市庁舎,教会堂などの公共建築の壁画(パンテオンの《聖ジュヌビエーブの死》1882,パリ市庁舎の《皇太子を守るエティエンヌ・マルセル》1889など)で,細部に仕上げの行き届いた写実的技法とドラマティックな物語構成で人気を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ローランスの関連キーワードガロンヌ川トゥールーズラングドックアセザ館ジャコバン修道院シャンパーニュアルデンヌノートルダムデュオー礼拝堂セザンヌ頌セヴラックリュション

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ローランスの関連情報