コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローランス Laurens, Henri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローランス
Laurens, Henri

[生]1885.2.18. パリ
[没]1954.5.5. パリ
フランスの彫刻家。初めインテリアデザインの仕事に従事し,のち美術に転じた。キュビスムに興味を示し,ピカソ,ブラックたちと交わり,キュビスムの彫刻を発展させた。「セクシオン・ドール」に参加。多種の素材を用い量感を否定した面の構成による初期の作品は,20世紀最初の抽象彫刻の一つに数えられる。 1920年代からは女性の形態のなかに曲線的なフォルムを追究し,単純化したフォルムとやわらかい曲線は現代彫刻に新たな一方向を示した。代表作『頭』 (ニューヨーク近代美術館) など。

ローランス
Laurens, Jean-Paul

[生]1838.3.30. フーケボー
[没]1921.3.23. パリ
フランスの画家。ツールーズの美術学校で学んだのち,パリに出て,A.カバネルに師事。中世の史実に取材した宗教画,歴史画を描いた。 1891年アカデミー会員。アカデミー・ジュリアンの教授として,日本の中村不折鹿子木孟郎 (かのこぎたけしろう) の師でもあり,晩年はツールーズ美術館館長などの要職にあった。主要作品はパリのパンテオンの壁画『聖ジュヌビエーブの死』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ローランス

フランスの彫刻家。パリ生れ。1911年ブラックと知り合う。最初はパピエ・コレコラージュを立体化した幾何学的構成を試みたが,のち柔軟なフォルムのうちに力強い構成をひそめた女性像を多く制作。

ローランス

フランスの画家。オート・ガロンヌ県のフルクボー生れ。19世紀後半のアカデミックな歴史画を代表する画家で,パリ市庁舎〈サロン・ロボー〉の壁画装飾(1889年―1900年)やパリのパンテオンの壁画《聖ジュヌビエーブの死》(1882年)等大作が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ローランス【Jean Paul Laurens】

1838‐1921
フランスの画家。オート・ガロンヌ県のフルクボーFourquevaux生れ。アカデミズムの代表的な画家として,多くの歴史画を残すとともに,アカデミー・ジュリアンで30年にわたって絵画を教え,日本人(中村不折,鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう)など)を含む多くの弟子を養成した。主要作品は,市庁舎,教会堂などの公共建築の壁画(パンテオンの《聖ジュヌビエーブの死》1882,パリ市庁舎の《皇太子を守るエティエンヌ・マルセル》1889など)で,細部に仕上げの行き届いた写実的技法とドラマティックな物語構成で人気を得た。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ローランスの関連キーワードリュック・アルベール モローS.リッカルド ベルグJ.アンリ マルタンロックフェラースゴンザックラルティーグ鹿子木 孟郎荻原 守衛斎藤 与里満谷国四郎藤川 勇造5月26日柚木 久太中村 不折安井曾太郎平賀 亀祐3月28日安井曽太郎津田 青楓2月18日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android