コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイツ ワイツ Waitz, Georg

4件 の用語解説(ワイツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイツ
ワイツ
Waitz, Georg

[生]1813.10.9. フレンスブルク
[没]1886.5.24. ベルリン
ドイツの歴史家。 L.ランケ門下生。中世法制史を専攻。 1842年キール大学教授。シュレースウィヒホルシュタイン国民運動に参加し,フランクフルト国民議会にも選出されたがその政治活動のためキールを追われ,49~75年ゲッティンゲン大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ワイツ
ワイツ
Waitz, Theodor

[生]1821.3.17. ゴータ
[没]1864.5.20. マールブルク
ドイツの民族学者,哲学者。 1862年マールブルク大学教授。 J.F.ヘルバルトの影響を受けて諸民族の精神生活の研究を行い,民族文化の歴史的考察を強調した。主著『自然民族の人類学』 Anthropologie der Naturvölker (6巻,1859~72) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ワイツ

ドイツの哲学者,人類学者。マールブルク大学教授。主著《自然民族の人類学》(1859年―1872年)は世界民族誌の先駆作として著名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ワイツ【Theodor Waitz】

1821‐64
ドイツの民族学者。マールブルク大学哲学教授であったが,心理学的な問題に関心があった。《自然民族の人類学Anthropologie der Naturvölker》6巻(1859‐72)によって,民族学の先駆者として重要な地位を占めている。同書第6巻は,彼の没後に地理学者G.ゲルラントにより完成された。同書では,人類は単一であることを強調し,人種の優劣の問題などについては,妥当な考えを述べているほか,当時利用できた資料に対して厳密な資料批判を加えて,アフリカアメリカなどの地域別に民族誌的記述を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワイツの関連キーワードカッシーラークニースハッセブントマールブルク学派マールブルク大学マールブルクレービットラートゲンアショフ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワイツの関連情報