コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイツ ワイツWaitz, Georg

4件 の用語解説(ワイツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイツ
ワイツ
Waitz, Georg

[生]1813.10.9. フレンスブルク
[没]1886.5.24. ベルリン
ドイツの歴史家。 L.ランケ門下生。中世法制史を専攻。 1842年キール大学教授。シュレースウィヒホルシュタイン国民運動に参加し,フランクフルト国民議会にも選出されたがその政治活動のためキールを追われ,49~75年ゲッティンゲン大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ワイツ
ワイツ
Waitz, Theodor

[生]1821.3.17. ゴータ
[没]1864.5.20. マールブルク
ドイツの民族学者,哲学者。 1862年マールブルク大学教授。 J.F.ヘルバルトの影響を受けて諸民族の精神生活の研究を行い,民族文化の歴史的考察を強調した。主著『自然民族の人類学』 Anthropologie der Naturvölker (6巻,1859~72) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワイツ【Theodor Waitz】

1821‐64
ドイツの民族学者。マールブルク大学哲学教授であったが,心理学的な問題に関心があった。《自然民族の人類学Anthropologie der Naturvölker》6巻(1859‐72)によって,民族学の先駆者として重要な地位を占めている。同書第6巻は,彼の没後に地理学者G.ゲルラントにより完成された。同書では,人類は単一であることを強調し,人種の優劣の問題などについては,妥当な考えを述べているほか,当時利用できた資料に対して厳密な資料批判を加えて,アフリカアメリカなどの地域別に民族誌的記述を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ワイツの関連キーワードペグマタイトドゥーフ運営費交付金川尻浦の久蔵名古屋港蒲生君平浮世床浮世風呂蒲生君平ギニー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワイツの関連情報