コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワジ 〈アラビア〉wādī

デジタル大辞泉の解説

ワジ(〈アラビア〉wādī)

アラビア半島やアフリカ北部の、降雨時にだけ水が流れる川。涸(か)れ谷。涸れ川

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ワジ

アラビアやアフリカ北部で降水があったときだけ流れる川。ふだんは涸(かれ)谷。砂漠地方でも雨季にはときどき降雨があり,一時的に河川を生じ,低所に貯留して湖沼を生ずる。
→関連項目オアシス乾燥地形砂漠気候ナフード砂漠

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワジ【wadi】

アラビア語で川,河谷河床を意味する語。正しくはワーディーwādīと呼ぶ。アラビア北アフリカなどの乾燥地域の川は,雨季の激しい降雨の際に一時的に水が流れるだけで,ふだんは河床に水をもたない。ワジが意味するのはそのような水無し川,涸(か)れ川,涸れ谷である。本流,支流に対応し大小さまざまな規模のものが存在する。巨大なワジは深く刻まれている場合が多いが,これは気候が湿潤で河川の水量も豊富であった更新世(洪積世)の浸食跡とみなされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ワジ【wādī】

アラビア・北アフリカなど乾燥気候地域の涸れ川。降雨時にのみ水が流れる川。涸れ谷。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワジ
わじ
wadi

アラビア語で河谷の意味であるが、普段は表流水をみない水無川(みずなしがわ)である。乾燥地域では、降雨時にのみ一時的に水流が発生し、ときには奔流となって流下し、河谷を形成する。普段は降水量が少なく、蒸発量がその20倍にも達する熱帯砂漠などでは、表流水は蒸発するか、地下に浸透して水無川となる。ワジの河床は砂礫(されき)に覆われて比較的平坦(へいたん)であるとともに、地下水がほかの所より浅く、所々に湧(わ)き出てオアシスとなる。このため集落が立地したり、隊商の交通路として利用される。ワジは一時的に水流を生じてもすぐに涸(か)れて広い河床だけが残る。北アフリカ、アラビアではワジ、南アフリカではダンガdanga、インドではヌラnullah、アメリカではアロヨarroyoとよぶ。山茂美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のワジの言及

【間欠河流】より

…間欠河川ともいう。乾燥地域や半乾燥地域に多くみられ,アラビアやアフリカ北部ではワジと呼ばれる。降雨時の非常に短い間だけ流水がみられる場合と,雨季には恒常的に流水があるが,乾季に流水がみられなくなる場合とで,区別することもある。…

※「ワジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ワジの関連キーワードパレスチナ:オリーブとワインの地フランキンセンスの国土マンテンガ自然保護区セムバ ドラミニエルアーティフユーフラテス川エンアブダットヨルダン地溝帯アハガル山地ベニイスゲンボデーレ低地アラビア半島ソブーザ2世ハドラマウトサハラ砂漠ベドウィンミスラータタリム盆地マクラーンガルダイア

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android