コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一報 イッポウ

デジタル大辞泉の解説

いっ‐ぽう【一報】

[名](スル)
一度告げ知らせること。ちょっと告げ知らせること。簡単な知らせ。「とりあえず御一報ください」
最初の知らせ。第一報。「現場から一報が届く」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっぽう【一報】

( 名 ) スル
ちょっと知らせること。また、その知らせ。 「到着次第ご-下さい」
最初の知らせ。第一報。 「 -が入る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一報の関連キーワードレントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)同音語のアクセント電力需給逼迫警報戦争と天気図国際労働機関国際労働憲章入る・這入る国際労働条約岡野養之助山極勝三郎スタンレーラッサ熱大庭景親福井謙一市川厚一追掛ける職務評価是非是非三善長衡伊賀光季

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一報の関連情報