一字金輪(読み)いちじきんりん

精選版 日本国語大辞典「一字金輪」の解説

いちじ‐きんりん【一字金輪】

〘名〙 仏語。
① (ekakṣara-uṣṇīṣacakra の訳) 大日如来が最勝の三昧にはいって説いた真言である(勃嚕唵(ぼろん)、梵語 bhrūṃ)の一字を人格化した五仏頂尊の一つ。その像は結跏趺坐(けっかふざ)して手に印を結ぶが、その印上に金輪をおくものを釈迦金輪、五智宝冠を頂くものを大日金輪という。一字金輪仏。一字頂輪。
※阿娑縛抄(1242‐81頃)五六「持金輪一字真言、具此二一字金輪也」
※増鏡(1368‐76頃)一五「一字きんりんは浄経僧正、如法尊勝は桓守僧正」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「一字金輪」の解説

一字金輪
いちじきんりん
Ekākṣaroṣṇīṣacakra

仏頂尊 (ごぶっちょうそん) の一つ。大日如来の説いた真言 bhrūṃを人として象したもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「一字金輪」の解説

いちじ‐きんりん【一字金輪】

密教で、大日如来が最高の境地に入って説いた真言である(梵bhrūṃで、勃嚕唵(ぼろん)と音写)の一字を人格化した仏頂尊。結跏趺坐(けっかふざ)して手にを結ぶ姿に表される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「一字金輪」の解説

いちじきんりん【一字金輪】

一字金輪仏頂のことで,一字金輪王,一字頂輪王,金輪仏頂王などともいう。仏頂部の中で最もすぐれた仏頂(如来)を意味する。形像は,宝冠をつけ瓔珞(ようらく),腕釧など種々の荘厳具を着けた菩薩形であることが特色であり,釈迦金輪大日金輪の2種に分かれる。釈迦金輪は,螺髪(らほつ)形の釈迦が須弥山頂で法界定印を結び,印の上に金輪を置く姿を表し,大日金輪は,宝冠を着けて智拳印を結ぶ金剛界の大日如来が日輪の中に表されたものをいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android