一念義・多念義(読み)いちねんぎ・たねんぎ

  • いちねんぎたねんぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法然門下の異流。ひとたび阿弥陀仏の名前をえることによって極楽に往生でき,数多く称える必要がないとすると,臨終まで可能なかぎり数多く称えなければ往生できないとする説。ひとたびの称名で往生できるのだと信じつつ,数多く称名するという法然思想に反するとされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏教用語。往生(おうじょう)の条件をめぐる対立意見。念仏はただの一遍唱えただけでも極楽(ごくらく)に往生できると説くのが一念義、数多く唱えねばならないと説くのが多念義で、法然(ほうねん)(源空(げんくう))門下でこの両説が分かれた。一念義については、浄土(じょうど)に往生することが可能だとしたことから逸脱して、どんな悪も往生の障りにならないという造悪無碍(むげ)が説かれ、邪義の代名詞のごとく用いられた。しかし一念義を唱えたとされる幸西(こうさい)のいう一念は、凡夫(ぼんぷ)が唱える念仏によって仏智(ぶっち)の一念が凡夫の信心と冥合(みょうごう)(一致)すると説くものであり、また親鸞(しんらん)を一念義の徒とするとしても、その一念は信心で、仏より賜るものと説くものである。[石田瑞麿]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ヘイトスピーチ

「憎悪にもとづく発言」の一形態。匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android