一木一草(読み)イチボクイッソウ

  • いちぼくいっそう ‥イッサウ
  • いちぼくいっそう〔イツサウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 一本の木、一本の草。また、ほんのわずかな草木。
※俳諧・続五論(1699)滑稽論「をのが家つくらんとおもふものは、一木一草もおろかにはすてず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

一本の木、一本の草。また、ほんのわずかな草木

[使用例] 庭中の一木一草も皆これ祖先の詩興を動した形見とて[永井荷風*腕くらべ|1916~17]

[使用例] そこは一木一草だにない死海のほとり、不毛のユダの荒野と何という違いを持った風景であろう[遠藤周作*イエスの生涯|1973]

[解説] きわめて小さいもの、とるに足りないようなわずかなもののたとえとしても用います。

[類語] いっそういちぼく

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

一木一草の関連情報