千秋実(読み)ちあき みのる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千秋実 ちあき-みのる

1917-1999 昭和-平成時代の俳優。
大正6年4月28日生まれ。昭和21年薔薇(ばら)座を結成。24年黒沢明監督の「野良犬」で映画デビュー。「羅生門」「七人の侍」など黒沢作品に脇役として出演。テレビドラマ「ママちょっと来て」で人気をえる。50年脳内出血でたおれたが再起し,60年映画「花いちもんめ」で痴呆老人役を好演。平成11年11月1日死去。82歳。北海道出身。中央大中退。本名は佐々木勝治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

千秋実【ちあきみのる】

俳優。北海道生れ。本名佐々木勝治(かつじ)で,旧姓は森竹。中央大学中退。大学在学中に芝居に興味をもち,1946年に妻の佐々木踏絵とともに薔薇(ばら)座を結成して舞台で活動した。菊田一夫原作の《堕胎医》は特に評判になり,この舞台を観た黒澤明は,1949年に《静かなる決闘》のタイトルで映画化。これが縁となり,同年に黒澤監督《野良犬》で映画初出演。以後,《醜聞(しゅうぶん)》《羅生門(らしょうもん)》《七人の侍》《蜘蛛巣城》など黒澤作品の常連となり,なかでも《隠し砦の三悪人》で藤原釜足(かまたり)とともに演じた百姓コンビは,ジョージ・ルーカス監督《スター・ウォーズ》のロボットコンビのモデルとなったことで有名。ほかにアルツハイマーの養父役を演じた《花いちもんめ》の演技も高く評価されている。テレビではホームドラマの父親役などを演じ,好評を博した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千秋実の関連情報