コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍野八海 オシノハッカイ

百科事典マイペディアの解説

忍野八海【おしのはっかい】

山梨県忍野村忍草地内にある8つの湧水池の総称で,出口池,お釜池,底抜池,銚子池,湧池,濁池,鏡池,菖蒲池からなる。富士山伏流水の湧出点で,山中湖とともに桂川の水源となっている。
→関連項目忍野[村]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

忍野(おしの)八海

山梨県南都留郡忍野村にある湧水群。富士山の伏流水が湧出したもので、湧池、出口池、お釜池、濁池、鏡池、菖蒲池、底抜池、銚子池の8つの泉がある。1934年、国の天然記念物に指定。1985年には、環境庁により名水百選のひとつに選定。2013年、「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成要素のひとつとして、ユネスコ世界遺産に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おしのはっかい【忍野八海】

山梨県南東部,山中湖北西畔に散在する八つの湧水池。天然記念物。南都留(みなみつる)郡忍野村に属す。富士山溶岩下の不透水層に沿って流下した伏流水が溶岩流の末端近くで湧出したものとされ,桂川の源流に合流する。湧水量はほぼ定まっており,水温は14~16℃で,冬季も結氷しない。付近は富士山麓では珍しい稲作地で,灌漑用水に利用される。【横田 忠夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おしのはっかい【忍野八海】

山梨県南東部、富士山北東麓の忍野村にある八つの湧水池。溶岩の下を流れる伏流水が湧出して形成。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忍野八海
おしのはっかい

山梨県南都留(みなみつる)郡忍野村忍草(しぼくさ)にある湧泉(ゆうせん)。国指定天然記念物。湧(わく)池、出口(でぐち)池、底抜(そこぬけ)池、銚子(ちょうし)池、お釜(かま)池、濁(にごり)池、鏡池、菖蒲(しょうぶ)池の八つの池からなる。湧出量、季節による水温の変動もほぼ一定であり、富士山の地下水が水源と考えられている。山中湖とともに桂(かつら)川の水源として、忍野村などの上水道、灌漑(かんがい)、養魚場の水源としても重要。富士講の人々が八海巡りをした霊場であった。ここからの雪の富士の展望も優れ、季節を問わず観光地となっている。2013年(平成25)に忍野八海は富士山域と周辺の神社、富士五湖等の構成資産とともに「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産リストに登録された。富士山駅からお宮橋経由内野行きバス20分、忍野八海入口下車後徒歩5分。[吉村 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

忍野八海の関連キーワード浅間神社(あさまじんじゃ 富士山を信仰対象とした神社)富士忍野高原トレイルレース山梨県南都留郡忍野村忍草山梨県南都留郡忍野村富士山本宮浅間大社西湖(山梨県)河口湖(湖)桂川(山梨)泉(湧泉)忍野(村)忍野[村]白糸ノ滝三保松原富士五湖忍野盆地本栖湖山梨県精進湖形成

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忍野八海の関連情報