コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三島徳七 みしまとくしち

5件 の用語解説(三島徳七の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三島徳七
みしまとくしち

[生]1893.2.24. 淡路島
[没]1975.11.19. 東京
金属学者,MK鋼の発明者。東京大学冶金学科卒業後 (1920) ,同大学助手となり,教授 (38~53) 。東京大学名誉教授。 1932年に永久磁石鋼 MK鋼を発明し,「特殊鋼殊に MK磁石鋼の研究」で,45年帝国学士院恩賜賞,50年文化勲章を受け,51年文化功労者に選ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三島徳七【みしまとくしち】

冶金学者。兵庫県出身。東大教授。鉄‐ニッケル合金の磁気的性質を研究中の1931年にMK鋼を発明。そのほかにも永久磁石合金の研究など金属工学上の業績が多い。1950年文化勲章。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三島徳七 みしま-とくしち

1893-1975 大正-昭和時代の金属工学者。
明治26年2月24日生まれ。三島通良の養子。大正10年東京帝大助教授,昭和13年教授。6年鉄・ニッケルアルミニウム合金による強力な永久磁石を発明,MK磁石鋼と名づける。これにより20年学士院恩賜賞をうけ,25年文化勲章。昭和50年11月19日死去。82歳。兵庫県出身。東京帝大卒。旧姓は喜住(きずみ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

みしまとくしち【三島徳七】

1893‐1975(明治26‐昭和50)
MK鋼を発明した冶金学者。淡路島の農家に生まれ,1920年東京帝国大学工学部冶金学科卒業。同年講師,翌年助教授。22年ころから後藤正治教授とともにアルミニウムの二元・三元合金の状態図作成の研究を行い,28年ニッケルの脆性(ぜいせい)に及ぼす炭素の影響の研究で工学博士。30年鉄‐ニッケル合金の磁気非可逆性について研究中に,アルミニウムの添加で強力な永久磁石となることを発見した。コバルト,銅を添加するなどの改良を加え,MK磁石合金として特許を得た(1934)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三島徳七
みしまとくしち
(1893―1975)

金属工学者。MK鋼の発明者。兵庫県淡路島生まれ。1920年(大正9)東京帝国大学工学部冶金(やきん)学科を卒業。同大学助手となり、1921年助教授、1938年(昭和13)教授となり、1953年に退職。この間、1928年「ニッケル及びニッケル合金の焼鈍脆性(ぜいせい)」の研究で工学博士。1931年、有名なMK鋼を発明した。これはニッケル鋼に適量のアルミニウムを添加することによって物理的性質が変化し、強力な永久磁石となったもので、今日、多用されているアルミニウム・ニッケル・コバルト系永久磁石の最初のものである。なおMK鋼のKは彼の生家の姓喜住(きずみ)の、Mは養家の姓三島の頭文字である。この業績により1945年帝国学士院恩賜賞を受け、1949年日本学士院会員。1950年文化勲章を受章、翌1951年には文化功労者となり、アメリカ、イタリアの金属学会からも顕彰された。磁性合金の研究を中心に広い分野で業績をあげ、日本学術振興会会長などを歴任した。[渡辺 伸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三島徳七の言及

【MK鋼】より

…1931年三島徳七によって発明された強力な磁石鋼で,Ni≌28%,Al≌13%,残りFeである。この磁石鋼は近代磁石の発展史上の重要な発見であって,その保磁力は500エルステッド以上であり,それ以前のKS鋼のその値を一躍倍増したものである。…

※「三島徳七」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三島徳七の関連キーワード俵国一増本量冶金学採鉱冶金学野島断層淡路島地震発明者ハドフィールド涅氏冶金学物理冶金学

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone