三橋 達也(読み)ミハシ タツヤ

20世紀日本人名事典の解説

三橋 達也
ミハシ タツヤ

昭和・平成期の俳優



生年
大正12(1923)年11月2日

没年
平成16(2004)年5月15日

出生地
東京市銀座

学歴〔年〕
中央学院卒,多摩帝国美術学校中退

主な受賞名〔年〕
毎日映画コンクール男優助演賞(第21回 昭41年度)「女の中にいる他人」,ナント三大陸映画祭男優賞〔平成12年〕「忘れられぬ人々」,山路ふみ子映画功労賞(第25回)〔平成13年〕,毎日映画コンクール男優主演賞(第56回 平13年度)「忘れられぬ人々」

経歴
昭和18年劇団新制舞台に入るが、同年応召、シベリア抑留生活を経て、22年復員。23年大泉撮影所に入社。28年松竹専属を経て、29年日活に移籍し、「愛のお荷物」「銀座二十四帖」「赤信号・洲崎パラダイス」などの川島雄三監督作品の喜劇や文芸物に出演し、スターの地位を確立。33年東宝に移り、以後都会的な洗練された二枚目であらゆるジャンルに出演した。49年からフリー。平成13年「忘れられぬ人々」で30年ぶりに映画主演。他の出演作品に映画「女の中にいる他人」「トラトラトラ」「遙かなる走路」「連合艦隊」「鹿鳴館」「Dolls」、テレビ「連想ゲーム」「十津川警部」シリーズ(昭和56年〜平成12年)「まんてん」、舞台「はなざかり女ざかり」「戒老録」などがある。射撃歴は30年を越え、日本クレー射撃協会の本部理事で、射撃指導員の肩書を持つ。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

三橋 達也
ミハシ タツヤ


職業
俳優

生年月日
大正12年 11月2日

出生地
東京市 中央区銀座(東京都)

学歴
中央学院卒,多摩帝国美術学校中退

経歴
昭和18年劇団新制舞台に入り、舞台美術家を志したが俳優になること勧められる。19年水の江滝子主宰の劇団たんぽぽに入るが、同年応召。シベリア抑留生活を経て、22年復員。23年大泉撮影所に入社。28年松竹専属を経て、29年日活に移籍し、川島雄三「愛のお荷物」、市川崑「青春怪談」に相次いで主演、「こころ」でスターの地位を確立。33年東京映画、東宝に移籍。49年からフリー。都会的な洗練された二枚目として「ああ青春」「あした来る人」「銀座二十四帖」「洲崎パラダイス・赤信号」「悪い奴ほどよく眠る」「天国と地獄」「暗黒街の牙」「女の中にいる他人」など喜劇、アクションといった様々な作品に出演した。45年には日米合作の「勇者のみ」に主演、50年には米国映画「トラ・トラ・トラ!」に日本海軍の参謀役で出演するなど国際的にも活躍。平成13年「忘れられぬ人々」で30年ぶりに映画主演。テレビではNHKのクイズバラエティ「連想ゲーム」で長くレギュラー解答者をつとめ、テレビ朝日の「土曜ワイド劇場」〈西村京太郎のトラベルミステリーシリーズ〉での主人公の十津川警部役を当たり役とした。他の出演作品に映画「風船」「顔役ボス」「無法一代」「遙かなる走路」「連合艦隊」「鹿鳴館」「Dolls」「CASSHERN」(遺作)、テレビ「それは秘密です」「まんてん」、舞台「はなざかり女ざかり」「戒老録」などがある。趣味のクレー射撃歴は50年を超え、芸能文化人ガンクラブ理事長、日本クレー射撃協会本部理事を務め、射撃指導員の資格があった。妻は女優の安西郷子。

受賞
ナント三大陸映画祭男優賞〔平成12年〕「忘れられぬ人々」,山路ふみ子映画功労賞(第25回)〔平成13年〕 毎日映画コンクール男優助演賞(第21回 昭41年度)「女の中にいる他人」,毎日映画コンクール男優主演賞(第56回 平13年度)「忘れられぬ人々」,毎日映画コンクール特別賞(第59回 平16年度)

没年月日
平成16年 5月15日 (2004年)

家族
妻=安西 郷子(女優)

伝記
十五人の黒沢明―出演者が語る巨匠の横顔(発行元 ぴあ ’05発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

三橋 達也 (みはし たつや)

生年月日:1923年11月2日
昭和時代;平成時代の俳優
2004年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android