コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三白 サンパク

3件 の用語解説(三白の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さん‐ぱく【三白】

正月の三が日に降る雪。
馬の4本の脚のうち、3本の脚の下部が白いこと。また、その馬。
米・紙・塩・砂糖・蝋(ろう)など白いもののうちの三つ。
三白眼」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三白
さんぱく

三白食のこと。古く中国では白色のもつ美が人間の生命力と深い関係があると考えたのか、白い色をした食物をとることを好んだ。『十一面神呪(じんじゅ)心経』に、「行者は三白色の乳、酪(チーズ)、飯を食べるべし」とあるのをはじめ、『大宝楼閣善住秘密陀羅尼(だらに)経』には、「清らかに身体を洗い、浄(きよ)らかな衣を着て、三白食を食べよ。乳、酪、粳(うるち)米がそれである」などとある。また『漫笑録』には、ある日のこと銭穆父(せんぼくふ)が蘇東坡(そとうば)を招いて、一飯盃、蘿蔔(らふく)(ダイコン)一(いっせき)、白湯一盞(いっさん)を設け、三白の馳走(ちそう)をした、などとみえる。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三白の関連情報