コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三白 サンパク

デジタル大辞泉の解説

さん‐ぱく【三白】

正月の三が日に降る雪。
馬の4本の脚のうち、3本の脚の下部が白いこと。また、その馬。
米・紙・塩・砂糖・蝋(ろう)など白いもののうちの三つ。
三白眼」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぱく【三白】

正月に降る雪。
馬の四肢のうち、三肢の下部の白色のもの。
「三白眼」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三白
さんぱく

三白食のこと。古く中国では白色のもつ美が人間の生命力と深い関係があると考えたのか、白い色をした食物をとることを好んだ。『十一面神呪(じんじゅ)心経』に、「行者は三白色の乳、酪(チーズ)、飯を食べるべし」とあるのをはじめ、『大宝楼閣善住秘密陀羅尼(だらに)経』には、「清らかに身体を洗い、浄(きよ)らかな衣を着て、三白食を食べよ。乳、酪、粳(うるち)米がそれである」などとある。また『漫笑録』には、ある日のこと銭穆父(せんぼくふ)が蘇東坡(そとうば)を招いて、一飯盃、蘿蔔(らふく)(ダイコン)一(いっせき)、白湯一盞(いっさん)を設け、三白の馳走(ちそう)をした、などとみえる。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

三白 (ミツジロ)

植物。ドクダミ科の多年草,園芸植物,薬用植物。ハンゲショウの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

三白の関連キーワード糸荷廻船(糸荷回船)大内(香川県)三黒/三白能勢[町]香川(県)津田玄仙柴野栗山海洋掘削三河木綿松平頼恭浮生六記田崎草雲小出君徳恵美大笑防長四白山田黄石中村弘山恵美玄覧三が日讃岐国

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三白の関連情報