三菱マテリアル(株)(読み)みつびしまてりある

  • 三菱マテリアル

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三菱グループの総合素材メーカー。発祥は、三菱財閥の創設者岩崎弥太郎(やたろう)の九十九(つくも)商会(後の三菱合資会社)が1871年(明治4)紀州新宮藩の炭鉱を租借し汽船の燃料の自給を図ったことに求められる。その後、吉岡銅山、高島炭鉱などを買収し、明治期を通して鉱業にも進出、三菱財閥の基盤の一つとなる。1918年(大正7)三菱鉱業株式会社として独立、国内だけでなく海外の鉱山開発にも進出、日本有数の鉱業会社に発展した。第二次世界大戦後の1950年(昭和25)集中排除法により金属部門が分離。金属部門は太平鉱業となり、太平鉱業は1952年社名を三菱金属鉱業と改称する。石炭専業となった三菱鉱業は、エネルギー革命の進展に伴い多角経営に転換、1954年三菱セメントを設立。1962年に建材、1970年代から電子セラミックス製品のほかエンジニア・コンサルティング、不動産業などにも進出した。1973年三菱セメント、豊国セメントと3社で合併、三菱鉱業セメントとなる。同年、三菱金属鉱業は三菱金属に社名を変更。1990年(平成2)三菱鉱業セメントと三菱金属は合併、社名を三菱マテリアルと改称した。資本金1194億5700万円(2019)、売上高1兆6629億9000万円(2019年3月。連結ベース)。従業員数2万8426(2019)。

[森 真澄]

『三菱鉱業セメント株式会社編・刊『三菱鉱業社史』(1976)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android