三部仮名鈔(読み)さんぶかなしょう

  • さんぶかなしょう サンブかなセウ
  • さんぶかなしょう〔サンブかなセウ〕

世界大百科事典 第2版の解説

浄土宗一条派の向阿証賢の作,浄土宗の教義を和文で平易に説く。元亨年間(1321‐24)に成立。《帰命本願(きみようほんがん)鈔》3巻,《西要(さいよう)鈔》2巻,《父子相迎(ふしそうごう)》2巻の3部7巻よりなる。《帰命本願鈔》では弥陀の本願に帰依して念仏往生を願うべきことを勧め,《西要鈔》では女人往生,一念多念など教義上の問題を平易に説き,また《父子相迎》では弥陀と衆生の関係を父子になぞらえ,厭離穢土(おんりえど)・欣求浄土(ごんぐじようど)の思想に徹すべきことを強調している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

鎌倉時代の僧向阿の著した「帰命本願鈔」「西要鈔」「父子相迎鈔」の総称。浄土宗の教義を説く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

証賢(向阿(こうあ))の著作。『帰命(きみょう)本願鈔』『西要(さいよう)鈔』『父子相迎(そうごう)』の3部の総称で、1321年(元亨1)ごろに成立。法然(ほうねん)の浄土教の旨趣を流麗な和文で説いた書。『帰命本願鈔』は、真如堂(しんにょどう)参籠(さんろう)のおり、夢うつつに聞いた修行者と老僧の問答を記す形をとって、阿弥陀仏(あみだぶつ)の本願と本願力による往生を明らかにし、悪人往生の道を説く。『西要鈔』は、清凉寺(せいりょうじ)参籠中に見聞した老僧と老少男女との問答の形をかりて、信心と念仏のあり方を述べる。『父子相迎』は、慈父である仏に迎えとられた衆生を子に例え、この世のいとわしさと浄土の願わしいさまを説く。[伊藤博之]
『『国文東方仏教叢書1 法語』(1925・東方書院) ▽『大正新修大蔵経83』(1924~34・大蔵出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

浄土宗の向阿上人証賢による「帰命本願鈔」三巻・「西要鈔」二巻・「父子相迎」二巻の総称。元亨年間(一三二一‐二四)の成立。立派な和文体で、巧みに浄土教を宣揚する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる