三鷹[市](読み)みたか

百科事典マイペディア「三鷹[市]」の解説

三鷹[市]【みたか】

東京都中部の市。1950年市制。江戸時代,幕府尾張徳川家の御鷹場があり,地名となった。中央線,京王井の頭線が通じる。かつて純農村であったが,昭和初年から工場地化,住宅地化が始まり,第2次大戦後急速に発展。牟礼(むれ),新川,三鷹台などには住宅団地がある。電気機器,一般機器工業が行われる。国立天文台,国際基督教大学,武蔵野市にかけて井の頭公園などがある。16.42km2。18万6083人(2010)。
→関連項目国際基督教大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「三鷹[市]」の解説

みたか【三鷹[市]】

東京都中部,武蔵野台地の一部を占める市。1950年市制。人口16万5721(1995)。地名は江戸時代,幕府および尾張徳川家の御鷹場があったことに由来する。市内を流れる野川,仙川の流域や井の頭池の周辺には牟礼(むれ),大沢など早くから集落が発生していたが,江戸初期に玉川上水開削により新田開発が進み,明暦の大火(1657)の際には神田連雀町の被災者が移住し,連雀,井口などの新田集落が生まれた。その後,近郊農村として麦作や野菜栽培が行われてきたが,1924年の東京天文台と明星学園の進出,30年の中央線三鷹駅の設置,33年の京王井の頭線の開通などでしだいに住宅地として開発が進んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android