コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三鷹[市] みたか

2件 の用語解説(三鷹[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

三鷹[市]【みたか】

東京都中部の市。1950年市制。江戸時代,幕府や尾張徳川家の御鷹場があり,地名となった。中央線,京王井の頭線が通じる。かつて純農村であったが,昭和初年から工場地化,住宅地化が始まり,第2次大戦後急速に発展。
→関連項目国際基督教大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みたか【三鷹[市]】

東京都中部,武蔵野台地の一部を占める市。1950年市制。人口16万5721(1995)。地名は江戸時代,幕府および尾張徳川家の御鷹場があったことに由来する。市内を流れる野川,仙川の流域や井の頭池の周辺には牟礼(むれ),大沢など早くから集落が発生していたが,江戸初期に玉川上水の開削により新田開発が進み,明暦の大火(1657)の際には神田連雀町の被災者が移住し,連雀,井口などの新田集落が生まれた。その後,近郊農村として麦作や野菜栽培が行われてきたが,1924年の東京天文台明星学園の進出,30年の中央線三鷹駅の設置,33年の京王井の頭線の開通などでしだいに住宅地として開発が進んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三鷹[市]の関連キーワード王子小金井保谷上野公園杉並世田谷西東京東久留米東村山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone