コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三・一五事件 さんいちごじけん

世界大百科事典 第2版の解説

さんいちごじけん【三・一五事件】

1928年の再建日本共産党に対する最初の大検挙。1926年12月再建された共産党は,金融恐慌下の労農争議や田中義一内閣山東出兵に反対する対支非干渉運動日本労働組合評議会(評議会),日本農民組合労働農民党(労農党)などの合法組織をとおして闘いみずからの姿は秘匿していた。しかし27年12月の拡大中央委員会で,この年の7月に作成された綱領(27年テーゼ)を採択し,テーゼで指示された独自活動の方針にもとづいて工場内の組織づくりに着手し,翌28年2月には機関紙《赤旗》の創刊や第1回の普通選挙徳田球一山本懸蔵などの党員を労農党候補者として立てるなど新たな活動を開始していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の三・一五事件の言及

【農民運動】より

…しかし,権力の介入や労働組合の分裂の影響をうけて無産政党の分裂が相次ぎ,農民組合もついに日本農民組合,全日本農民組合(全日農),日本農民組合総同盟に分かれた。さらに治安維持法制定後は官憲の弾圧がいっそう強化され,28年の三・一五事件,翌29年の四・一六事件で左翼的な農民組合の活動家が一挙に検挙された。三・一五事件では,日農最大の拠点の香川県連合会が壊滅的打撃をうけた。…

※「三・一五事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三・一五事件の関連キーワード四・一六事件・四一六事件宮田光雄(1)長谷川博(1)四・一六事件四・一六事件長谷川民之助大森義太郎春日庄次郎大田遼一郎三木静次郎山岡万之助伊藤千代子田口右源太奥田宗太郎黒木重徳板野勝次梅川文男岸本茂雄是枝恭二藤井哲夫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三・一五事件の関連情報