コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上九一色 かみくいしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上九一色
かみくいしき

山梨県南部,甲府市の南部と富士河口湖町の南西部にまたがる旧村域。御坂山地西部から富士山北西麓にかけて広がる。 1889年村制。 2006年北部が甲府市に,中・南部が富士河口湖町に編入された。笛吹川支流の芦川峡谷中流の谷と,精進湖本栖湖の湖畔に集落が点在する。高冷地のうえ土地がやせており,観光に依存している。第2次世界大戦後,南部の富士山麓に大規模な入植が実施され,富士ヶ嶺地区を形成,畜産が行なわれるようになった。富士山原始林にある富岳風穴,富士風穴,本栖風穴は,原始林とともに国指定天然記念物。精進の大スギも同じく指定を受けている。富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上九一色
かみくいしき

山梨県南部、西八代(にしやつしろ)郡にあった旧村名(上九一色村(むら))。2006年(平成18)梯(かけはし)、古関(ふるせき)地区は甲府市へ(同市の南部を占める)、富士ヶ嶺(ふじがね)、本栖(もとす)、精進(しょうじ)地区は富士河口湖町へ(同町の西部を占める)、それぞれ編入された。分割前の村域は富士北麓(ほくろく)の西部から御坂(みさか)山地の芦(あし)川中流域に及んでおり、本栖湖、精進湖の富士五湖中の2湖や、青木ヶ原の樹海も含まれた。古くは駿河(するが)と甲府とを結ぶ中道(なかみち)往還の要路で本栖、精進、古関などの集落は宿場的機能も果たしていた。静岡県境に近い富士ヶ嶺(富士豊茂(とよしげ))は、第二次世界大戦後の開拓集落で高原野菜、酪農が行われ、また、精進は精進湖北岸から南側の国道139号沿いに全戸移転して民宿村となっている。国指定天然記念物の富士・本栖・富岳の各風穴(ふうけつ)や、精進の大スギがある。[横田忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

上九一色の関連キーワード山梨県南都留郡富士河口湖町地下鉄サリン事件オウム真理教事件川井村の合併問題富士河口湖(町)山梨県甲府市国民体育大会甲府(市)青木ヶ原宮本隆司九一色郷

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上九一色の関連情報