コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上書(き) ウワガキ

デジタル大辞泉の解説

うわ‐がき〔うは‐〕【上書(き)】

[名](スル)
封書・書物・箱などの表面にあて名・表題・名称などを書くこと。また、その文字。表書き。「荷物に上書きする」
コンピューターファイル記録メディアデータを記録する際、もとのデータの上に新しいデータを書き込むこと。または、文字入力の際に、もとの文章の上に新たに書き込むこと。オーバーライト。重ね書き。

じょう‐しょ〔ジヤウ‐〕【上書】

[名](スル)官庁や主君・貴人などに意見を述べた書状を差し出すこと。また、その書状。上疏(じょうそ)。「住宅政策について上書する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょうしょ【上書】

臣下からその主人へ上(たてまつ)る意見を開陳した書面。言上書ともいい,後世の上申書,建白書に同じ。元来は中国の名辞で,天子に書を奉(たてまつ)ること,またその文体の名であって,単なる事物に関する報告書,答申書よりは積極的であり,江戸時代中期,政治・経済について改革の意見を幕府や藩に上呈した建言書を言い,重みがある。《山下幸内上書》《蘆野東山上書》などが名高い。【加藤 秀幸】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうしょ【上書】

( 名 ) スル
意見書を目上の人または官庁などにさし出すこと。また、その書面。 「行政改革について-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の上書(き)の言及

【奏議】より

…中国における文章の一形式で,臣下が君主に上(たてまつ)る意見書のこと。古くは上書といい,漢代では章,奏,表,議などといった。魏・晋時代以後は啓といい,唐・宋時代では表,状,剳(さつ),書などともよばれた。…

【表】より

…漢文の文体の一種で,臣下が君主に奉る書をいう。中国では,秦まではこの種の書信をすべて〈上書〉と呼んだが,漢になって,内容により章,奏,表,議などの区別をするようになった。《文心雕竜(ぶんしんちようりよう)》によれば,表はことに君主への〈請を陳(の)べる〉ものとされる。…

※「上書(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上書(き)の関連キーワード訳らし・分けらし植崎九八郎上書下駄屋甚兵衛積毀骨を銷す辻六郎左衛門傾蓋故の如し松本斗機蔵新聞紙条例植崎九八郎平山子竜福岡惣助当道要集境野求馬青木昆陽矢部定謙堀田正信江湖新聞住宅政策竹川政胖鴨脚加賀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android