コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上諭 ジョウユ

3件 の用語解説(上諭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ゆ〔ジヤウ‐〕【上諭】

君主のさとし。
旧憲法下で、法律勅令条約・予算などを公布するとき、その冒頭に記され天皇の裁可を示す文章。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

上諭【じょうゆ】

旧憲法(大日本帝国憲法)時代に憲法・皇室典範・条約・法律・勅令など天皇によって制定・公布されるものの条章の初めに付せられる天皇の裁可を示す言葉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうゆ【上諭】

君主が臣下に告げてさとす文書。旧憲法下で、法律・条約などを公布する際、天皇の裁可があったことを示すために冒頭に付した語。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の上諭の言及

【軍機処】より

…特に奏摺は独裁君主制の確立に重要な役割を果たした制度であり,その維持運営にとって軍機処は不可欠な機関であった。(3)〈上諭〉という皇帝の命令を起草すること。(4)重要な人事を扱うこと。…

※「上諭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上諭の関連情報