コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下岡蓮杖 しもおか れんじょう

美術人名辞典の解説

下岡蓮杖

日本画家・写真技術家。静岡県生。姓は桜田、のち下岡氏を継ぐ。通称を久之助、別号に董古・全楽堂・伝神楼等。江戸に出て狩野董川に画を学んだが、オランダ船のもたらした銀板写真を見て驚き、写真術を探求するに至った。日本における写真術の開祖といわれる。晩年は浅草に住し、画筆を楽しむ。大正3年(1914)歿、92才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しもおか‐れんじょう〔しもをかレンヂヤウ〕【下岡蓮杖】

[1823~1914]江戸末期から明治の写真家。伊豆下田の人。上野彦馬と並ぶ日本写真草創期の代表者で、文久2年(1862)横浜に写真館を開設、のち東京浅草に移った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

下岡蓮杖【しもおかれんじょう】

写真家,画家。伊豆下田生れ。江戸で絵師を志して狩野派に学ぶが,偶然ダゲレオタイプを見る機会を得て,写真に開眼したと伝えられている。幕末日本に来日していた職業写真家ウンシンから写真を学ぶが,西洋科学の素養が十分にともなわなかったため,写真術の習得は困難を極めた。
→関連項目写真

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下岡蓮杖 しもおか-れんじょう

1823-1914 幕末-明治時代の写真家。
文政6年2月12日生まれ。写真術をアメリカ総領事ハリスの通訳ヒュースケンや写真家ウンシンにまなび,文久2年(1862)横浜にわが国最初の写真館全楽堂を開業。長崎の上野彦馬とともに職業写真家の先駆者とされる。横山松三郎,江崎礼二らをそだてた。大正3年3月3日死去。92歳。伊豆(いず)下田(静岡県)出身。本姓は桜田。通称は久之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しもおかれんじょう【下岡蓮杖】

1823‐1914(文政6‐大正3)
幕末から明治にかけての写真家。伊豆下田に生まれ,江戸に出て絵画を学び画家として名を成す。オランダ船によってもたらされた銀板写真を見た際,そのすばらしさに感銘してその技術の習得を志し,ハリス領事の通訳ヒュースケンから写真撮影を学んだ。さらにアメリカの写真師ウンシンに湿板を学び,1862年(文久2)横浜に写真館を開設,最初は外国人を主とし,のちには広く一般の客を得て繁栄した。蓮杖の写真館開設は長崎の上野彦馬の写真館とともに,日本における写真発展の基礎となったものであり,その功績は大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しもおかれんじょう【下岡蓮杖】

1823~1914) 幕末・明治初期の写真家。伊豆下田生まれ。写真術を志し、米人ヒュースケン等に技術を学ぶ。横浜に写真館を開業、多くの写真師を育成した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下岡蓮杖
しもおかれんじょう

[生]文政6(1823).2.12. 伊豆,下田
[没]1914.3.3. 東京
幕末の写真業創始者。本名桜田久之助。初め絵師を志したが,安政3 (1856) 年来日したアメリカ領事ハリスの通訳ヒュースケンから写真原理を学び,横浜に移ったのち写真師ウンシンから実技を習得。文久1 (61) 年同地で写真館を開業。長崎の上野彦馬とともに,日本の写真師の始祖とされる。 1882年には浅草第5区で営業した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下岡蓮杖
しもおかれんじょう
(1823―1914)

営業写真師。伊豆下田生まれ。鵜飼玉川(うかいぎょくせん)(1807―87)、上野彦馬らと並び、最も早い時期に営業写真館を開いて職業的に写真を撮りだした、日本における写真術の開祖の一人。幼名は桜田久之助。成人するまでのその履歴についてはあまり知られていないが、江戸幕府が海岸警備のため下田に築いた砲台で足軽として勤務した後、1844年(弘化1)ごろ、江戸の絵師狩野董川(とうせん)(?―1871)に弟子入り、玄関番などを勤めつつ絵師を志す。その当時に、西洋で発明されたばかりの写真術に関する情報を儒学者成島司直(もとなお)から伝え聞き、また薩摩藩島津家の下屋敷で初期の写真術である銀板写真(ダゲレオタイプ)の実物を目の当たりにしたことをきっかけに、写真に強い関心を抱くようになったという。
 その後、下田へ戻り、写真術習得のためロシア使節プチャーチンや、アメリカ総領事ハリスなどに接近、ハリスの秘書兼通訳だったオランダ人ヒュースケンから写真の撮影・現像法の手ほどきを授けられたともいわれているが、真偽のほどは定かでない。
 60年(万延1)ごろ、新たに開港した横浜へ移り、アメリカ人商人ラファエル・ショイヤーのもとで働きつつ、かたわらショイヤーの妻から西洋風のパノラマ油彩画の技法を学ぶ。やがて写真機材一式を入手。苦心をかさねて写真技術を身につけ、62年(文久2)ごろ、横浜野毛で営業写真館を開業する。おもに顧客の肖像撮影および外国人客への販売をねらった日本の風景・風俗を題材とする着色写真帳の制作などを手がけた。
 下岡の写真館はその後、横浜弁天通りへ移転し、次いで一時期下田へ移ったが、再び横浜弁天通りに戻り、67年(慶応3)ころには横浜馬車道の太田町に「全楽堂」の名称で、富士山の大看板を掲げた新築店舗を構えた。下岡の撮影と推定される現存の写真印画の多くは、この前後の1860年代に制作されたものと考えられている。同じ時期に下岡はまた、馬車を輸入し東京・横浜間で乗合馬車事業を興すなど、文明開化期のさまざまな新事業にも手を染めた。写真師下岡の門下からは、横山松三郎、鈴木真一(1835―1918)、江崎礼二、中島待乳(まつち)(1850―1938)ら、明治期に活躍した高名な写真師が輩出した。
 1876年(明治9)ごろ、写真師としては第一線から退き、東京・浅草へ転居、自作のパノラマ油彩画『函館戦争図』『台湾戦争図』や、高橋由一(ゆいち)、五姓田義松(ごせだよしまつ)、横山松三郎らの油彩画による見世物興行を浅草奥山で開催した。晩年は絵画を描いてすごしたと伝えられている。[大日方欣一]
『前田福太郎著『日本写真師始祖下岡蓮杖』(1966・新伊豆社) ▽石黒敬七編『写された幕末 石黒敬七コレクション』(1990・明石書店) ▽石黒敬章編『限定版下岡蓮杖写真集』(1999・新潮社) ▽「寫眞渡来のころ」(カタログ。1997・東京都写真美術館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の下岡蓮杖の言及

【写真館】より

…その写場には,照明設備とともに,背景になる風景画などの書割りが掛軸式に何種類か吊り下げられるようにしたところが多かった。ところで,こうした写真館は,絵師から写真師に転じた下岡蓮杖(しもおかれんじよう)が1862年(文久2)に横浜で開業したのが最初であるとされる。当初は,〈写真にうつれば病気になる〉などの迷信がまことしやかに語られたりしたため,客は在留外人に限られたが,徐々にそれもうすれ,日本人の客も増えた。…

※「下岡蓮杖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下岡蓮杖の関連キーワード横山松三郎(1)臼井秀三郎ソンダース桜田久之助小林清親鈴木真一西川春洞大島昌宏明治時代ベアトカメラ安政

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下岡蓮杖の関連情報