コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崎津 さきつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崎津
さきつ

熊本県南西部,天草市西部の旧村域。天草諸島下島南部にある。1889年村制施行。1896年今富村と合体して富津村に,1954年一町田村,新合村と合体して河浦町に,2006年本渡市,牛深市,有明町,御所浦町,倉岳町,栖本町,新和町,五和町,天草町の 2市 7町と合体して天草市となる。沈水海岸の羊角湾(浦内浦)に臨み,江戸時代には海運業者の停泊地として栄えた天然の良港隠れキリシタンの地で,ゴシック風コンクリート造りの崎津天主堂が入江に影を落としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

崎津
さきつ

熊本県天草(あまくさ)市河浦(かわうら)町西部の地区。旧崎津村。天草下島(しもしま)の中央、羊角(ようかく)湾の北岸に位置する。1569年(永禄12)天草氏の招きで来航したポルトガルのアルメイダがキリスト教を住民に伝えた集落の一つで、1805年(文化2)キリシタン発覚事件が生じるまで信仰が伝えられた「隠れキリシタンの里」でもある。今日、海面に端麗かつ重厚な姿を漂わせるゴシック建築の崎津天主堂は、1886年(明治19)建てられたもの(1934年改築)。「血税一揆(いっき)」(1873)で知られる明治新政府の徴兵令に対する県民の反対の先鞭(せんべん)をなしたのも、この地の人々である。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

崎津の関連キーワード長崎の教会群とキリスト教関連遺産熊本県天草市河浦町崎津雲仙天草国立公園重要文化的景観天草の崎津集落熊本県天草市大山崎[町]天草(市)米子(市)河浦[町]河浦〈町〉アルメイダ天草崩れ長岡京天草灘牛深市有明町問丸

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

崎津の関連情報