コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不当な取引制限 ふとうなとりひきせいげん

世界大百科事典 第2版の解説

ふとうなとりひきせいげん【不当な取引制限】

独占禁止法が規制の対象としている行為類型の一つ。主要な要件は,事業者が他の事業者と共同して,その事業活動を相互に拘束しまたは遂行することにより,公共の利益に反して,一定の取引分野における競争を実質的に制限することである(独占禁止法2条6項)。端的にいえば,合意によって競争を制限するいわゆるカルテル行為である。制限される競争の態様によって,価格,生産制限,市場分割等々の各種の〈不当な取引制限〉が存在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

不当な取引制限の関連キーワードマリンホース国際カルテル事件独禁法損害賠償規定同調的価格引上げ臨時金利調整法合理化カルテル官製談合防止法公正取引委員会シンジケート市場分割協定無過失責任市場支配力行政作用法91社談合自主規制私的独占談合罪告発

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不当な取引制限の関連情報