不熟(読み)ふじゅく

精選版 日本国語大辞典「不熟」の解説

ふ‐じゅく【不熟】

〘名〙 (形動)
作物・果実などが熟していないこと。成熟しないこと。作物の出来の悪いこと。また、そのさま。
※令義解(718)戸「凡遭水旱灾蝗。不熟之処。少粮」
② 熟練していないことやそのさま。また、物事がよく整っていないこと、こなれていないことやそのさま。
※遁花秘訣(1820)牛痘の益及秀勝の弁「若し此治を軽率に施すか、は不熟の医に託するか」
※文学者となる法(1894)〈内田魯庵〉二「今の文界に勢力ある文躰は余りに西洋染(じ)みて不熟(フジュク)なる造語をもて溢るるばかりなれば」
③ 家族との折合いが悪いこと。親しまないこと。不和。また、そのさま。
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「幾程母親さんの機に入ったからって肝腎のお前さんの機に入らなきゃア不熟の基だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「不熟」の解説

ふ‐じゅく【不熟】

[名・形動]
果物・作物などが成熟しないこと。出来の悪いこと。また、そのさま。「不作不熟な(の)年」
熟練していないこと。また、そのさま。未熟。不熟練。「不熟な文章」
折り合いが悪いこと。不和。
「お前さんの機に入らなきゃア―の基だ」〈二葉亭浮雲
[類語]れる熟する熟むれる熟成する成熟未熟早熟晩熟追熟黄熟豊熟完熟爛熟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android