コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熟れる ウレル

デジタル大辞泉の解説

う・れる【熟れる】

[動ラ下一][文]う・る[ラ下二]果実や穀物などが十分みのる。実がいる。熟(じゅく)す。「赤く―・れたトマト

こな・れる【熟れる】

[動ラ下一][文]こな・る[ラ下二]
食べた物が消化される。「胃のぐあいが悪く、食べ物がよく―・れない」
世慣れて円満になる。かどがとれる。「人間が―・れてきた」
物事に熟練する。無理なく思いのままに運用できるようになる。「芸が―・れる」「―・れた文章」
調和の取れた状態になる。「じっくり煮込んで―・れた味になった」「地味だが―・れた着こなし」
動きがおさまり、落ち着いた状態になる。「人気の新製品も当初に比べ価格が―・れてきた」

な・れる【熟れる】

[動ラ下一][文]な・る[ラ下二]《「慣れる」と同語源》
食物がほどよく発酵するなどして、味がよくなる。熟成する。「よく―・れた味噌
腐る。
「魚の―・れたる穿鑿(せんさく)もなく」〈甲陽軍鑑・三〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うれる【熟れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 う・る
果実が熟する。 「まっかに-・れたトマト」

こなれる【熟れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 こな・る
食べた物が胃腸で消化される。 「食べ物が-・れる」
すっかり身について自由自在に使えるようになる。熟練して、ぎごちなさがなくなる。 「彼の芸はまだ-・れていない」 「よく-・れている訳文だ」
世間になれて、人柄にまるみができる。世なれる。 「そんな所が-・れいでは本御女郎買とは言はれぬ/浮世草子・禁短気」 〔「こなす」に対する自動詞〕

なれる【熟れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 な・る
〔「慣れる」と同源〕
食物が、調理後時間が経過して発酵したり、酸味・辛みが飛んだり吸収されたりして、適度な味になる。熟成する。 「味噌は二、三年ねかせると-・れてくる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

熟れるの関連キーワード同音語のアクセント慣れる・馴れる浮世草子もろみポポー訳文果実同源

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熟れるの関連情報