熟れる(読み)コナレル

デジタル大辞泉「熟れる」の解説

こな・れる【熟れる】

[動ラ下一][文]こな・る[ラ下二]
食べた物が消化される。「のぐあいが悪く、食べ物がよく―・れない」
世慣れて円満になる。かどがとれる。「人間が―・れてきた」
物事に熟練する。無理なく思いのままに運用できるようになる。「が―・れる」「―・れた文章
調和の取れた状態になる。「じっくり煮込んで―・れた味になった」「地味だが―・れた着こなし」
動きがおさまり、落ち着いた状態になる。「人気の新製品も当初に比べ価格が―・れてきた」
[補説]俗に、「小慣れる」と書いて、「少し(感じよく)慣れる」ので使われることがある。

な・れる【熟れる】

[動ラ下一][文]な・る[ラ下二]《「慣れる」と同語源》
食物がほどよく発酵するなどして、味がよくなる。熟成する。「よく―・れた味噌」
腐る。
「魚の―・れたる穿鑿せんさくもなく」〈甲陽軍鑑・三〇〉
[類語]れる熟む熟する熟成する成熟未熟不熟早熟晩熟追熟黄熟豊熟完熟爛熟

う・れる【熟れる】

[動ラ下一][文]う・る[ラ下二]果実や穀物などが十分みのる。実がいる。じゅくす。「赤く―・れたトマト」
[類語]熟する熟むれる熟成する成熟未熟不熟早熟晩熟追熟黄熟豊熟完熟爛熟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android