完熟(読み)かんじゅく

精選版 日本国語大辞典「完熟」の解説

かん‐じゅく クヮン‥【完熟】

〘名〙 果実または種子が完全に熟すこと。「完熟トマト」
※母子像(1972)〈金井美恵子〉「男たちの視線はわたしの肉体の桃果を完熟させるために必要なの光と水分でもありました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「完熟」の解説

かん‐じゅく〔クワン‐〕【完熟】

[名](スル)果実や種子が十分にうれて、食用に適した状態になること。「完熟したトマト」
[類語]成熟成長生長成育生育発育発達育つ生い立つ長ずるれる熟する熟むれる熟成する未熟不熟早熟晩熟追熟黄熟豊熟爛熟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の完熟の言及

【追熟】より

…植物体から切り離した後の果実で起こる成熟現象。肥大生長が終りに近づくと,果実は甘みや芳香を増すばかりでなく,酸味が減少し,着色,軟化して,食用に適した状態(完熟)へと変化してゆく。こうした一連の変化(成熟)は,果実が樹上にある間に起こるのが普通であるが,果実の中には,やや未熟なうちに収穫しても,成熟を続けて食用に適した状態になるものがある(トマト,バナナ,セイヨウナシ,パパイア,アボカドなど)。…

【登熟】より

…一方,この時期の低温寡照や極端な乾燥は登熟を阻害し,登熟歩合ひいては収量の低下を招くものとして警戒されている。 イネ,ムギの登熟は,出穂後の時間的経過にしたがって乳熟,黄熟(おうじゆく),完熟および枯熟(過熟ともいう)の4段階に区分して記載されている。乳熟期のもみ殻および穀粒表面は,なお葉緑素を保持しているため緑色を呈し,胚乳は乳白色の液状にとどまっている。…

※「完熟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android