コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熟する ジュクスル

デジタル大辞泉の解説

じゅく・する【熟する】

[動サ変][文]じゅく・す[サ変]
果実などが十分に実る。うれる。「桃の実が―・する」
ある物事をするのに、ちょうどよい時期になる。また、ととのって十分な状態になる。「機が―・するのを待つ」「革新の機運が―・する」
技芸などに慣れてじょうずになる。上達する。熟練する。「タイピングに―・する」「演技が―・する」
ある新奇な言葉が多くの人に使われ、一般に通用するようになる。「その言い方はまだ―・してはいない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅくする【熟する】

( 動サ変 ) [文] サ変 じゆく・す
果実や作物が十分にみのる。うれる。 「柿の実が-・する」
物事が十分な、また適当な状態になる。ととのう。 「実行の機が-・する」
物事に慣れてじょうずになる。熟練する。習熟する。 「芸に-・した人」 「官軍水理すいりに-・せざれば/近世紀聞 延房
新しい言葉や言い方が一般に通用するようになる。 「 - ・した言い方」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

熟するの関連キーワードシシガシラ(獅子頭)鳴くまで待とう時鳥シークヮーサークマノミズキボロボロノキ庭常・接骨木雄ずい先熟花ナワシログミがじゅまるナーベラー純熟・淳熟ハスカップ藪枯・薮枯木練り柿ポーポーゆら早生パパヤーコカの木裏白の木ながうい

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熟するの関連情報