不都合(読み)フツゴウ

  • ふつごう ‥ツガフ
  • ふつごう〔ツガフ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
都合の悪いこと。また、そのさま。「客を通すには不都合な部屋」⇔好都合
けしからぬこと。また、そのさま。ふとどき。「不都合な行い」
貧しいこと。生活が苦しいこと。また、そのさま。
「おらが宅(うち)の―を知ってゐるからだあな」〈人・梅児誉美・四〉
[派生]ふつごうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① ぐあいがわるいこと。便利がわるいこと。また、そのさま。〔文明本節用集(室町中)〕
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)一「熨斗目(のしめ)に半上下にて出仕せられけるが、〈略〉不都合(フツガウ)にぞ見へたりける」
② 金銭が思うようにならないこと。生計が苦しいこと。また、そのさま。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)六「皆籏本の部屋住じゃ。外見にて不都合勝に有ふ」
③ 道理に合わないこと。常軌をはずれたこと。ふとどきなこと。また、そのさま。
※評判記・色道大鏡(1678)八「かかる不都合(フツガフ)なる事のみを書つづけたるぞとおもふに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不都合の関連情報