コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不都合 フツゴウ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐つごう〔‐ツガフ〕【不都合】

[名・形動]
都合の悪いこと。また、そのさま。「客を通すには不都合な部屋」⇔好都合
けしからぬこと。また、そのさま。ふとどき。「不都合な行い」
貧しいこと。生活が苦しいこと。また、そのさま。
「おらが宅(うち)の―を知ってゐるからだあな」〈人・梅児誉美・四〉
[派生]ふつごうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふつごう【不都合】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
都合が悪いこと。具合が悪いこと。また、そのさま。 ↔ 好都合 「 -な場合」
道理に合わないこと。よろしくないこと。また、そのさま。ふとどき。 「 -なことをしでかす」
金銭の都合がつかないこと。手元が苦しいこと。 「外見にて-がちにあらう/歌舞伎・幼稚子敵討」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

不都合の関連キーワードスナップショット (仮想化)カードボードオフフレーバー差し支え無い・差支え無い仮想フロッピーディスクボタンを掛け違えるボタンの掛け違い不徳の致すところリーマン多様体ウインタリング国際会計基準バリアフリー付きとも無いたいだいし棚に上げる付きも無い有るまじき裏目に出る咄咄怪事配合禁忌曰く付き

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不都合の関連情報