コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並河天民 なみかわ てんみん

6件 の用語解説(並河天民の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

並河天民 なみかわ-てんみん

1679-1718 江戸時代前期-中期の儒者。
延宝7年5月28日生まれ。並河誠所の弟。伊藤仁斎(じんさい)にまなび,仁斎の説をつぎながら,疑問箇所を批判。孔孟(こうもう)の正義は経国済民にあるとし,幕府に蝦夷(えぞ)地(北海道)を日本に帰属させることを献策した。享保(きょうほう)3年4月8日死去。40歳。京都出身。名は亮。字(あざな)は簡亮。著作に「蝦夷地大地図」「かたそきの記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

並河天民【なみかわてんみん】

江戸中期の儒学(古義学)者。名は亮,字は簡亮(かんすけ)。山城(やましろ)の人。若くして伊藤仁斎(いとうじんさい)に学ぶ。仁斎の子東涯(とうがい)と古義学の好一対と称されたが,学風は異なり,兵学・医方・本草学(ほんぞうがく)に通じ,書経・論語・孟子に基づき,経済実用の学を志した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日日本歴史人物事典の解説

並河天民

没年:享保3.4.8(1718.5.7)
生年:延宝7.5.28(1679.7.6)
江戸中期の儒学者。名ははじめ 良弼,のち亮。字は伝亮のち簡亮。通称ははじめ庄(正)蔵のち勘介。天民は諡号。山城国紀井郡横大路村(京都市)の豪農の家に出生。父宗弥,母は永田氏,誠所は兄。幼時より京都市中に住み,元禄4(1691)年誠所と共に伊藤仁斎に入門,古義学を学ぶ。宝永5(1708)年前後から仁斎説に疑義を持ち,全面的批判を展開して,独自の学問を形成した。仁斎没後の古義堂は東涯師事と天民師事とに二分されたともいう。遺文集に『天民遺言』がある。<参考文献>脇田真佐子「並河天民の儒教思想」(『日本思想史への試論』)

(三宅正彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なみかわてんみん【並河天民】

1679‐1718(延宝7‐享保3)
江戸中期の儒学者。古義学派。諱(いみな)は亮,字は簡亮,通称は勘介,天民は諡(おくりな)である。山城国紀井郡横大路村に生まれ,幼少より京都に住む。13歳で伊藤仁斎に師事したが,仁斎死後,師説を批判して独自の学説を唱えた。政治にも積極的で,蝦夷地開拓意見書を起草している。著作には《兵法印可二則》《闢疆録》《かたそきの記》,弟子が編纂した《天民遺言》などがある。【脇田 真佐子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なみかわてんみん【並河天民】

1679~1718) 江戸中期の儒学者。京都の人。名は亮、字あざなは簡亮。伊藤仁斎の学問を批判的に継承した。経世済民の志をもち、諸学に通じた。著「天民遺言」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

並河天民
なみかわてんみん
(1679―1718)

儒学者。名は亮、字(あざな)は簡亮(かんすけ)といい、号は天民。京都の生まれ。兄誠所(せいしょ)(1668―1738)とともに古義堂の伊藤仁斎(いとうじんさい)に入門したが、仁斎の学説を批判して、のち独立し、経国済民の学を目的とした。蝦夷(えぞ)地(北海道)に渡ろうとして果たさず、蝦夷地の日本服属を献策した。仁斎の堀川学派は、のち伊藤東涯(とうがい)と天民の二派に分かれるなど、逸材として有名。その著に『天民遺言』2巻や『蝦夷地大地図』がある。[今中寛司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

並河天民の関連キーワード竹川政辰渡辺春菴漢儒伊藤梅宇赤田臥牛伊東鼇岳杏三折島津華山武田三益由良箕山

並河天民の関連情報