コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原淳一 ナカハラジュンイチ

3件 の用語解説(中原淳一の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なかはら‐じゅんいち【中原淳一】

[1913~1983]画家・服飾美術家。香川の生まれ。昭和7年(1932)少女向け雑誌の挿絵画家となり、モダン雰囲気美少女画で人気を博す。のち雑誌編集や服飾デザインなども手がけた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原淳一 なかはら-じゅんいち

1913-1983 昭和時代の挿絵画家,服飾美術家。
大正2年2月16日生まれ。昭和7年創作人形展で注目され,「少女の友」の挿絵画家となる。21年「それいゆ」,22年「ひまわり」を創刊。編集,デザインに才能を発揮。妻は葦原邦子(あしはら-くにこ)。昭和58年4月19日死去。70歳。香川県出身。日本美術学校卒。
【格言など】いつまでも古くならないもの,それこそがむしろもっとも「新しい」ものだとはいえないでしょうか(「女の部屋」最終号)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中原淳一
なかはらじゅんいち
(1913―1983)

画家、服装美術家、出版者。香川県に生まれる。徳島市に育ち、東京の私立日本美術学校を卒業。1932年(昭和7)に開いた創作人形展が縁で『少女の友』の挿絵画家となり、昭和10年代には叙情画家として、竹久夢二(たけひさゆめじ)、蕗谷虹児(ふきやこうじ)を継ぐ少女向き挿絵の第一人者となった。第二次世界大戦後まもなく少女雑誌『ひまわり』と女性雑誌『それいゆ』を創刊し、経営、編集、挿絵、服装美術などに手腕を発揮したが、59年(昭和34)に心臓病で倒れ、以後は大きな仕事ができず、70歳で静養地の千葉県館山(たてやま)に没した。『名作絵物語』(1955)、『七人のお姫さま』(1968)などのほか『中原淳一画集』全二冊(1975、77)がある。夫人は女優の葦原邦子(あしはらくにこ)[上笙一郎]
『葦原邦子著『夫 中原淳一』(1984・中央公論社) ▽林えり子著『焼け跡のひまわり』(1984・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中原淳一の関連キーワード木下二介佐藤泰治志村立美鈴木御水田代素魁寺本忠雄富永謙太郎福島鉄次松野一夫嶺田弘

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中原淳一の関連情報