コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕗谷虹児 ふきやこうじ

3件 の用語解説(蕗谷虹児の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蕗谷虹児
ふきやこうじ

[生]1898.12.2. 新潟,新発田
[没]1979.5.6. 静岡
挿絵画家,詩人。 14歳で上京し竹久夢二の紹介で『少女画報』に挿絵をかく。 1921年『朝日新聞』連載の吉屋信子の小説『海の極みまで』の抒情的な挿絵で人気を得た。 25~29年フランスに滞在,グランミショールに学び,サロン・ドートンヌに入選。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蕗谷虹児 ふきや-こうじ

1898-1979 大正-昭和時代の挿絵画家,詩人。
明治31年12月2日生まれ。尾竹竹坡(ちくは)に日本画をまなぶ。竹久夢二の紹介で「少女画報」連載の「花物語」(吉屋信子作)の挿絵を担当。以後少女・婦人雑誌にえがいたほか,叙情詩,小説も発表した。童謡「花嫁人形」の作詞者。昭和54年5月6日死去。80歳。新潟県出身。本名は一男。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蕗谷虹児
ふきやこうじ
(1898―1979)

挿絵画家。本名一男(かずお)。新聞記者の子として新潟市に生まれ、幼くして母と死別。尾竹竹坡(ちくは)の弟子となり、17歳より数年間を樺太(からふと)(サハリン)での青春放浪に送る。21歳で上京し、少女雑誌や女性雑誌の挿絵を描いて人気叙情画家となった。大正末年に渡仏、帰国後は叙情小曲や小説にも筆を染めた。童謡『花嫁人形』は佐々木すぐるの曲を得て広く歌われた。挿絵の画風は少女の感性に添ったセンチメンタルな線描画中心で、その画風を自ら「抒情(じょじょう)画」と称した。詩画集『睡蓮(すいれん)の夢』(1924)、自伝小説『花嫁人形』(1967)などがある。[上笙一郎]
『『蕗谷虹児画集』(1975・講談社) ▽『蕗谷虹児抒情画大集』(1974・講談社) ▽『蕗谷虹児童画集』(1976・東京新聞出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蕗谷虹児の関連キーワード山口草平苅谷深隍斎藤五百枝志村立美鈴木御水須藤しげる寺本忠雄福島鉄次松野一夫嶺田弘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蕗谷虹児の関連情報