コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕗谷虹児 ふきやこうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蕗谷虹児
ふきやこうじ

[生]1898.12.2. 新潟,新発田
[没]1979.5.6. 静岡
挿絵画家,詩人。 14歳で上京し竹久夢二の紹介で『少女画報』に挿絵をかく。 1921年『朝日新聞』連載の吉屋信子の小説『海の極みまで』の抒情的な挿絵で人気を得た。 25~29年フランスに滞在,グランミショールに学び,サロン・ドートンヌに入選。童謡『花嫁人形』の作詞家。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蕗谷虹児 ふきや-こうじ

1898-1979 大正-昭和時代の挿絵画家,詩人。
明治31年12月2日生まれ。尾竹竹坡(ちくは)に日本画をまなぶ。竹久夢二の紹介で「少女画報」連載の「花物語」(吉屋信子作)の挿絵を担当。以後少女・婦人雑誌にえがいたほか,叙情詩,小説も発表した。童謡「花嫁人形」の作詞者。昭和54年5月6日死去。80歳。新潟県出身。本名は一男。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蕗谷虹児
ふきやこうじ
(1898―1979)

挿絵画家。本名一男(かずお)。新聞記者の子として新潟市に生まれ、幼くして母と死別。尾竹竹坡(ちくは)の弟子となり、17歳より数年間を樺太(からふと)(サハリン)での青春放浪に送る。21歳で上京し、少女雑誌や女性雑誌の挿絵を描いて人気叙情画家となった。大正末年に渡仏、帰国後は叙情小曲や小説にも筆を染めた。童謡『花嫁人形』は佐々木すぐるの曲を得て広く歌われた。挿絵の画風は少女の感性に添ったセンチメンタルな線描画中心で、その画風を自ら「抒情(じょじょう)画」と称した。詩画集『睡蓮(すいれん)の夢』(1924)、自伝小説『花嫁人形』(1967)などがある。[上笙一郎]
『『蕗谷虹児画集』(1975・講談社) ▽『蕗谷虹児抒情画大集』(1974・講談社) ▽『蕗谷虹児童画集』(1976・東京新聞出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蕗谷虹児の関連キーワード新潟県新発田市中央町新潟県新発田市蕗谷虹児記念館杉山 長谷夫12月3日蕗谷 虹児昭和時代中原淳一

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android