コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原道 なかはらどう

2件 の用語解説(中原道の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

中原道【なかはらどう】

江戸から南西行して丸子(まりこ)渡しで多摩川を渡り,武蔵国の小杉・佐江戸,相模国の瀬谷(せや)・用田(ようだ)などを経て相模川を渡って中原(現神奈川県平塚市)に至り,さらに平塚で東海道に合流した道。
→関連項目中原[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なかはらどう【中原道】

江戸から多摩川の丸子渡を渡り,小杉,佐江戸,瀬谷,用田,一之宮の継立場を経由して中原(現,神奈川県平塚市)に達し,平塚,大磯で東海道と合流する脇往還。ほぼ直線状の街道で,徳川家康らが鷹狩などに利用し,小杉,中原には休泊用の御殿と称される施設も設けられた。東海道の整備とともに交通量は減少し御殿も壊されるが,物資運搬路として機能し,1671年(寛文11)佐江戸村と中山村が物資運搬権の訴訟を展開している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中原道の関連キーワード小杉日野丸子今渡り徒渡り小杉原世間師虎の子渡し渡り奉公多摩川精機

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中原道の関連情報