コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平塚 ヒラツカ

デジタル大辞泉の解説

ひらつか【平塚】

神奈川県中部の市。相模川河口の西岸を占め、もと東海道の宿場町。商工業が発達し、住宅地。七夕祭りが盛大に行われる。人口26.1万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらつか【平塚】

神奈川県中南部、相模川河口西方に広がる市。江戸時代、東海道の宿駅。中心部は商業地区、相模川沿岸には工業団地がある。七夕祭で有名。

ひらつか【平塚】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の平塚の言及

【境[町]】より

…現在も商業活動が盛ん。利根川沿岸の平塚は銅(あかがね)街道の終点で,鉄道が開通する前は足尾鉱山の銅を積み出す河港としてもにぎわった。野菜栽培を主とする農業と繊維,電機を中心にした工業が行われるが,工業が産業の中心である。…

※「平塚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平塚の関連情報