津堅島(読み)つけんじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津堅島
つけんじま

沖縄県沖縄島中部東海岸の与勝半島先端より南東 4kmに浮かぶ島。うるま市に属する。南城市久高島と相対し,津堅久高と併称される。半農半漁の島で,野菜,特にニンジンの栽培が盛ん。北西部に白砂の続くビーチがある。水の供給は沖縄島からの海底送水に頼っている。屋慶名からフェリー就航。面積 1.88km2。人口 485(2005)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津堅島の関連情報