コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南城市 なんじょう

2件 の用語解説(南城市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南城〔市〕
なんじょう

沖縄県沖縄島南東端にある市。島尻地域に属し,北部と東部は中城湾に,南部は太平洋に臨む。2006年玉城村,知念村,佐敷町,大里村が合体して市制。北西部の丘陵地帯は農業を中心に発展。サトウキビサヤインゲンなどが生産され,湧き水も豊富。琉球の民俗や五穀発祥の地として知られ,市内には神話が伝わる古代遺跡が数多く点在する。なかでも国の史跡である斎場御嶽(せいふぁーうたき)は,琉球の始祖アマミキヨが創造したとされ,神女最高位であるキコエオオキミ(聞得大君)の就任式がとり行なわれるなど格式の高さにより,沖縄随一の霊場といわれる。巨岩の間からは,知念岬の東約 5kmに浮かぶ「神の島」久高島が望める。2000年世界遺産文化遺産に登録。南端の海岸近くにある受水走水(うきんじゅはいんじゅ)と御穂田(みふーだ)は,稲作発祥の地と伝えられる景勝地。アマミキヨが築いたとされる玉城城跡,その守り城である広大な糸数城跡,聞得大君も参詣したといわれる知念城跡は国の史跡。南部には新原,百名,奥武などのビーチや,日本を代表する石灰洞 (鍾乳洞) である玉泉洞を中心としたテーマパークがあり,観光地としても発展。海沿いを国道331号線が通る。馬天から久高島フェリーが運行。面積 49.94km2。人口 4万2016(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南城市の関連情報