コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島重 なかじましげる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中島重
なかじましげる

[生]1888.5.3. 岡山
[没]1946.5.29.
法学者。社会的キリスト教の提唱者。第六高等学校在学中に受洗。東京帝国大学法学部に学ぶ。本郷教会で海老名弾正の感化を受ける。同志社大学法学部,関西学院で教える。神の国を資本主義と帝国主義ののちに実現される国際的社会主義の社会であるとし,「社会的基督教」を提唱,昭和初期のキリスト者学生運動 SCMに影響を与えた。雑誌『社会的基督教』を編集。著書に『社会的基督教の本質』『多元的国家論』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島重 なかじま-しげる

1888-1946 大正-昭和時代前期の政治学者。
明治21年5月3日生まれ。吉野作造,海老名弾正(えびな-だんじょう)を師とし,キリスト教的自由主義思想をとなえた。多元的国家論の紹介で知られる。同志社大,関西学院大の教授。昭和21年5月29日死去。59歳。岡山県出身。東京帝大卒。旧姓は柳井。著作に「多元的国家論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中島重
なかじまじゅう
(1888―1946)

政治学者、法学者。岡山県高梁(たかはし)市の柳井(やない)家に生まれ、のちに中島家の養子となった。1916年(大正5)東京帝国大学独法科を卒業、翌17年同志社大学法学部に赴任。29年(昭和4)総長海老名弾正(えびなだんじょう)の辞職に殉じて同志社を去り、関西(かんせい)学院大学教授となる。第二次世界大戦直後の46年(昭和21)1月、ふたたび同志社大学教授に迎えられるが、同年5月29日病死した。中島は、東大時代に吉野作造を政治学の師とし、海老名を信仰上の師として、そのキリスト教的自由主義思想を形成した。初期の労作『多元的国家論』(1922)は、第一次大戦後のイギリスを中心に展開された、H・J・ラスキやG・D・H・コールらの多元論的国家理論の体系的な紹介書で、大正デモクラシーの時代背景もあずかって、わが国の自由主義的政治学の発展に寄与した。その後、昭和に入って、『発展する全体』(1939)や『国家原論』(1941)が発表され、持説の職能的国家論が一貫して展開されるが、同時にまた、そこでは、個人本位の自由主義を排して社会本位的民族主義を強調するなど、全体主義的な時代風潮のなかで「東亜共同体」論への傾斜がみられることも事実である。また、賀川豊彦(とよひこ)に共鳴して「社会的基督(キリスト)教」の実践活動にも積極的に参加した。[西田 毅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中島重の関連キーワードスペンサー(Herbert Spencer)今尾

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android