コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中手/中生 ナカテ

デジタル大辞泉の解説

なか‐て【中手/中生】

(「中稲」とも書く)早稲(わせ)晩稲(おくて)中間期に成熟する品種の稲。 秋》
はしりの次に出回る野菜。

なか‐で【中手/点】

囲碁で、相手眼形を奪うため、相の地の中に石を打ち込むこと。また、その石。目の数により、三目中手、五目中手などと呼ぶ。

ちゅう‐て【中手】

造船業界の用語で「中手造船所」のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

中手 (ナカテ)

植物。ナカテノイネの略称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の中手/中生の言及

【手】より

…静脈は一部は深静脈として動脈と伴行し,他は皮静脈として主として前腕の前面を上向する。
[手hand]
 手は上述のように,解剖学では手首の関節から先のところをいい,手根,中手,指の3部に区別される。手根wristは手の付け根の〈手首〉と呼ばれる部分で,内部には手根骨carpal bonesという8個の小骨があって,その骨格をなす。…

※「中手/中生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

中手/中生の関連キーワードボクサー骨折(中手骨骨折)ツァガンエブゲン淡路島産の翼竜ベネット骨折テタヌラ類骨癒合症橈骨神経三手文庫山崎の戦中手・点管野すが奇蹄類岡山藩偶蹄類指行性つかむ有蹄類偽痛風骨挫傷詰め碁

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android