コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村大吉(初代) なかむら だいきち

2件 の用語解説(中村大吉(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村大吉(初代) なかむら-だいきち

1773-1823 江戸時代後期の歌舞伎役者。
安永2年生まれ。上田秋成(あきなり)の従弟といわれる。藤川大吉と名のり大坂で修業。のち中村姓にあらため,寛政12年江戸森田座で初舞台。容姿,口跡(こうせき)がよく,女方で名をあげた。文政6年3月22日死去。51歳。京都(一説に江戸)出身。別名は鳴尾弥太郎。俳名は巴丈。屋号は天王寺屋,鳴尾屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中村大吉(初代)

没年:文政6.3.22(1823.5.2)
生年:安永2(1773)
江戸中期,上方の歌舞伎役者。屋号天王寺屋,鳴尾屋。俳名巴丈。藤川友吉・2代目中村のしほの門弟。藤川大吉などの名で大坂の中芝居を勤め,中村大吉と改めて寛政12(1800)年江戸の森田座が大芝居の初舞台。三都で活躍し,死の前年には一世一代(引退興行)を勤めて若女形真上上吉に位付けされた。器量に恵まれ,口跡はあざやか,位のある気丈な芸ぶりで,とりわけ所作事,武道事が得意であった。愁い事もよくしたが表情こなしとも和らかみが足りず,娘役,傾城役よりも世話女房,女武道にすぐれ,丸本物(義太夫狂言)を本領とした。なお,役に応じた衣裳や鬘を工夫している。名跡は幕末期の4代まである。

(上野典子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村大吉(初代)の関連キーワード天王寺屋歌舞伎役者古今節小詰沢村国太郎(2代)中村新五郎(2代)山下金作(4代)山下金作(5代)山下万菊(初代)山下万作

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone