コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村平野 なかむらへいや

4件 の用語解説(中村平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中村平野
なかむらへいや

高知県南西部,四万十川の支流中筋川流域を中心に東西に広がる平野。中筋平野ともいう。四万十市付近の後川の氾濫原も含む,四国山地渭南山地との間の地溝状低地。低湿で排水が悪く,水害に悩んだが,現在は中筋川河口の下流のつけ替え工事が完成し,洪水は減少した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらへいや【中村平野】

高知県南西部,四万十(しまんと)川(渡川)の支流中筋川の流域を中心に四万十川,後(うしろ)川のはんらん原を含んだ小規模な平野。中筋平野ともいう。東西に細長い地溝状低地をなす。中筋川の水位は本流の四万十川との落差がわずかしかないため,雨季には四万十川の水が逆流してしばしば水害を起こした。低湿な条件を生かして柳行李を作るコリヤナギ(杞柳(きりゆう))を栽培し,第2次大戦前は全国的な産地であった。1964年中筋川河口の下流への付替え工事が完成,排水については改善され水害は減った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕中村平野(なかむらへいや)


高知県南西部の平野。四万十(しまんと)川下流域と支流の中筋(なかすじ)川・後(うしろ)川流域を占め、東西に細長く延びる。宇和(うわ)山地と渭南(いなん)山地に挟まれた地溝状の低地。中筋平野とも。かつては柳行李(やなぎごうり)に使われたコリヤナギの産地。現在は稲作のほか施設園芸が盛ん。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村平野
なかむらへいや

高知県西部、四万十(しまんと)川下流の平野。四万十川下流、支流の中筋(なかすじ)川、後(うしろ)川流域に狭長に展開する沖積低地の総称で、四万十市南部から宿毛(すくも)市東部にまたがる。平野の主要部である中筋川の低地は地溝状で、かつては低湿地のため水患に苦しんだが、近時、曲流部の改修、合流点の付け替え工事など治水も進んだ。かつてのキリュウ(杞柳)にかわるイグサ栽培のほか、タバコ、施設園芸などの農業がみられる。縄文海進期以降、沖積化が進み、縄文晩期の中村貝塚をはじめ、縄文、弥生(やよい)遺跡もみられる。幡多(はた)地方の中心をなす四万十市(旧中村市)の市街地は、四万十川と後川、中筋川の合流点付近に立地、発展したものである。[大脇保彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中村平野の関連情報