コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村虎治(初代) なかむら とらじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村虎治(初代) なかむら-とらじ

1751-1842 江戸時代中期-後期の舞踊家,振付師。
宝暦元年生まれ。中村流弥八・虎治派の祖中村弥八の娘。父の没後2代家元となり,以後女性家元は中村虎治,男性家元は中村弥八を名のる。御狂言師として大奥にもあがった。歌舞伎役者振付師の7代中山小十郎と結婚。天保(てんぽう)13年4月16日死去。92歳。後名は仙鶴

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村虎治(初代)の関連キーワード舞踊家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android